2007年08月30日

北海道自転車旅行

北海道に行ってきました。

京都府舞鶴港から新日本海フェリーで20時間かけて北海道の小樽港へ。

丸7日間北海道を走ってきました。

一日大体100キロちょっとで、いつもより少し控えめな走行距離です。

↓北海道をまわったルート
hokkaido.bmp

日程はこんな感じです。

8月20日 24:45 舞鶴港を出港
8月21日 20:45 小樽港着
8月22日 小樽から札幌を経由して浦臼へ
8月23日 浦臼から美瑛へ
8月24日 美瑛から南富良野へ
8月25日 南富良野から日高へ
8月26日 日高から苫小牧を経由して支笏湖へ
8月27日 支笏湖から洞爺湖を経由してニセコへ
8月28日 ニセコから小樽へ。23:30 小樽から舞鶴港に向け出港
8月29日 21:00 舞鶴港着

9泊10日です。2泊はフェリー、2泊が旅館、5泊はテントで寝ました。

それでは次から日記を書いていきます!
posted by ねう at 09:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

北海道自転車旅行 1日目 旅立ち

8月20日、ついに北海道に向け出発。

京都の舞鶴港から、北海道小樽へのフェリーがあるのでこれを利用しました。

京都府綾部市の実家から、舞鶴港は車で1時間もかからないので送ってもらいました。

決して送ってと頼んだわけではないです(笑)好意に甘えただけです。

フェリーの出航は0時45分です。11時前に舞鶴港に着きました。

↓舞鶴港新日本海フェリー
UNI_1272_400.jpg

料金は、二等客室8000円(学割で2000円引きされてます)自転車2800円の合計10800円でした。

これまでのフェリーは学生証を見せるだけで学割がきいたのですが、新日本海フェリーはJRのようにちゃんとした書類がいるようです。

その場で学割の申請書を書いたので学割料金で乗ることができました。

自転車の人は僕以外に3人でした。
↓自転車の人(勝手に撮影)
UNI_1278_400.jpg

大学生と、外国人夫婦でした。
大学生とは降りるときに仲良くなって、1日半一緒に走ることになりました。

二等客室に入ると、先におっちゃん1人と若い人2人がいました。

↓二等客室の様子
UNI_1277_400.jpg

おっちゃんは、すでに酒を飲んで酔っぱらっていました。

軽く話をしてこの日は寝ました。
posted by ねう at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

北海道自転車旅行 2日目 フェリーでの20時間

朝6時ぐらいから目が覚める。8時頃起床。

レストランでバイキングがあるようなので、昼ご飯の分まで食べようと思いバイキングへ。バイキングは1000円でした。

↓バイキング
UNI_1274_400.jpg

高級な食材はないので、元を取るのは難しいそう。
たくさん食べたけど、その分眠くなって寝転がっていたら、結局昼まで寝てました。

起きてお風呂へ。景色がいいので、なかなか気持ちよい。
映画がただで見れるようなので見に行く。つりバカ日誌を見る。

みんな映画を見るのかと思いきや、20人ほどしか見ていなかった。

部屋に戻ってしばらく同じ部屋のおっちゃんと話していたが、また映画が始まるようなので見に行く。

今度はアニメのシンドバッドを見る。意外とおもしろかった。

↓フェリーから見る大海原
UNI_1276_400.jpg

その後はテレビを見たり、地図を見てぼおっとする。

そして午後8時半ごろ、約20時間の船旅を終えついに小樽に到着。

長かった。
posted by ねう at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

北海道自転車旅行 2日目 小樽上陸

ついに北海道に上陸。ところが全然寒くない!小樽運河にあった温度計は29℃でした。

ここで一緒にフェリーに乗っていた大学生で同じく自転車のソウタロウと知り合い、いっしょにご飯を食べに行くことに。

まず小樽運河食堂という場所に行きました。いろいろな店が集まっています。

↓小樽運河食堂
UNI_1279_400.jpg

↓小樽運河食堂内部
UNI_1280_400.jpg

レトロな感じです。
小樽運河食堂には9時ぐらいに行ったのですが、ほとんどの店が閉まっていたのでとりあえず小樽駅に向かうことに。

小樽駅でタクシー運転手においしい食べ物屋を聞くと、一新というおいしい寿司屋があると教えてもらいました。

地図をみせて場所を聞こうとしましたが、「地図なんて見なくても、この道いってグリーンロードで〜(省略)」と強引に言われたので、とりあえずお礼を言って一新に向かいました。

言われた通り「花園」という小樽の繁華街に行ったのですが、結局一新は見つからず、そこら辺のラーメン屋でラーメンを食べました。

↓味噌ラーメン
UNI_1281_400.jpg

ソウタロウは最北端の宗谷岬に向かい、僕は旭川に向かうので、方向が同じです。

なので明日は一緒に走ることにしました。

僕は出発直前に楽天トラベルで宿を予約しておいたのですが、ソウタロウはテントで寝るということなのでラーメン屋でお別れ。

結局ソウタロウは住宅地の中の公園で寝たようです。

僕は「小樽グランドホテル クラシック」というけっこう高級な歴史あるホテルに泊まりました。

↓小樽グランドホテルクラシック
UNI_1579_400.jpg

銀行や商店が軒を並べ、北のウォール街との名を取った通りにあり、北海道初の外国人客専用のホテルとして建てられた歴史ある建造物です。

普通に泊まれば1万円以上するみたいですが、楽天トラベル
の前日予約で5000円になり、あとはポイントを使って結局800円で泊まれました♪

明日はまず札幌に向かいます!
posted by ねう at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

北海道自転車旅行 3日目 札幌へ

朝はすっきりとした目覚め。
途中コンビニでご飯を買って、7時にソウタロウがテントを張っている公園へ。

公園ではすでにおじいちゃんたちのグランドゴルフが始まっていました。「暑いですね」みたいな世間話をしたら、「この前30度ぐらいあって夜寝られんかった」とおじいちゃんは言っていました。

たぶん、大阪に来たらおじいちゃんは生きていけないなと思いました。

おじいちゃんに応援された後、朝ご飯を食べに、ツーリングマップルに載っていた鱗友朝市へ行きました。

↓鱗友朝市
UNI_1284_400.jpg

食堂でほっけ定食を食べました。
とにかくほっけがデカい

↓ほっけ定食
UNI_1283_400.jpg

朝市の中には新鮮な魚介類がいっぱいありました。

おばちゃんに「干物ならもって帰れるよ」といわれましたが、「来週また来ます」と適当に答えておきました。

お腹を満たした後、札幌へ。
小樽から札幌は40キロ足らずなので、2時間もあればつきます。

ソウタロウの自転車は、シクロバイクといってロードレーサーのようなフレームに少し太めのタイヤ。

小樽から海岸線は少し上りが続きます。
ソウタロウが苦しそう。彼は自炊道具やら荷物が15キロぐらいあるそうです。

僕は外食専門で自炊はしないし、荷物は少なめなのでまだ楽でした。

途中、予想外の雨が降ってきましたが、きもちいい程度。

2時間ぐらいで札幌駅につきました。

↓札幌駅
UNI_1285_400.jpg
posted by ねう at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

北海道自転車旅行 3日目 札幌観光

札幌駅からまず、北海道大学に行くことに。
札幌駅からすごく近いです。

↓北海道大学入り口
UNI_1291_400.jpg

北海道大学はおしゃれですばらしい。これで国立大学なのって感じです。

中を歩いている人も観光客が半分くらいじゃないかと思いました。

↓クラーク博士
UNI_1286_400.jpg

↓農場にいた馬
UNI_1287_400.jpg

↓小川が流れています
UNI_1289_400.jpg

学食でゆっくりした後、通りに向けて出発しました。



途中たまたま通りかかった北海道庁旧本庁舎によりました。

↓北海道庁旧本庁舎
UNI_1293_400.jpg

↓洞爺湖サミットへのカウントダウンがありました。
UNI_1294_400.jpg

この後、大通公園へ。

大通公園にあるさっぽろテレビ塔は登ると展望台があるようですが、下から見て満足しました。

↓さっぽろテレビ塔
UNI_1295_400.jpg

大通公園はおしゃれで活気がありました。

UNI_1297_400.jpg

この後、時計台へ。
ソウタロウが札幌に来たことがあるらしいので案内を任せるも迷ってしまい、地図を見てなんとか時計台に到着しました。

↓時計台
UNI_1298_400.jpg

時計台はちょっと期待はずれ

↓時計台の向かいにある北海道新聞社
UNI_1299_400.jpg

↓シャッターマン
UNI_1300_400.jpg

シャッターマンとは、写真を撮ってあげるボランティアのおっちゃんです。

時計台の前に停まっていたタクシーの運転手においしいラーメン屋を教えてもらいました。「すみれ」というラーメン屋です。

味噌ラーメンを食べました。ほかの店の味噌ラーメンとは少し違う感じでした。

↓すみれの味噌ラーメン
UNI_1301_400.jpg

この後、旭川方面に向かいました。
posted by ねう at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

北海道自転車旅行 3日目 サイクリングロード

すみれのすぐそこの豊平川の河川敷にサイクリングロードがあるのでそこを走ることに。

なかなか走りやすかった。最初は。
だんだんと向かい風がきつくなってきました。

その風にもめげずに飛ばすソウタロウの後ろにくっついて走りました。

そんなに飛ばしたら疲れるのにと思いながら。僕はソウタロウを風よけに使ったのでまだ楽でした。

↓サイクリングロード
UNI_1302_400.jpg

しかもサイクリングロードを行きすぎてしまい、10キロぐらい遠回りをするはめに。

途中自転車のおっちゃんに道を聞きましたが、てきとーなことを言われました。

↓サイクリングロードを行きすぎてしまい石狩川にまで来てしまった
UNI_1303_400.jpg

途中、のどが乾いたので自販機を探すもなかなか見つかりません。

ようやくガソリンスタンドがあったので、事務所内の自販機でジュースを買いました。

中にいたおじいちゃんに歓迎されました。

この日は距離的にちょうどいいので、浦臼町の鶴沼のキャンプ場に行くことにしました。
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

北海道自転車旅行 3日目 浦臼万歳

鶴沼に向けなにもない北海道らしい道を走ります。
ソウタロウがけっこう飛ばすので後ろにくっついて走りました。

僕は下り坂は軽くこいで休憩するけど、ソウタロウは下り坂はしっかりこいでスピードをつけて平地でそのスピードをいかそうという考えらしい。

そしてソウタロウは全体的に飛ばす。休憩を減らして長い時間ゆっくりめに走る僕とのスタイルの差がここにきて現れてきました。

「そんなに飛ばさなくていいのに」と思いソウタロウの後ろを走っていると、鶴沼のキャンプ場まであと5キロぐらいのところで、トマトを袋にいれて手を振っているおじいちゃんに止められました。

おじいちゃんはトマトをくれました。
ソウタロウはトマトが嫌いなのであまりうれしくなかったらしい(笑)

↓おじいちゃんと記念撮影
UNI_1304_400.jpg

おじいちゃは80代後半で、若いとき北海道をオートバイでまわったりいろいろしてたらしいです。

昨日も旅行者と会ったと言っていたので、たぶん毎日道に立って旅行者を捕まえているようでした。

この後、すいかと缶コーヒーもいただきました。

↓すいか
UNI_1305_400.jpg

おじいちゃんの娘らしきおばちゃんがでてきて、お土産にとトウモロコシ5本とトマトとたくさんもらいました。

どう考えても多いけど、断れないので全部もらいました。

トウモロコシは取れたての生。
ソウタロウが自炊道具をもっているので、煮るなり焼くなりしろということらしいです。

↓おばちゃん
UNI_1307_400.jpg

↓おじいちゃんの畑
UNI_1306_400.jpg

浦臼の人にとってもお世話になった後、キャンプ場をめざしました。
posted by ねう at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

北海道自転車旅行 3日目 鶴沼キャンプ場

たくさんのトマトとトウモロコシをもって鶴沼のキャンプ場へ。

しばらく行くと道の駅鶴沼がありました。
キャンプ場は、この道の駅と、道の駅の向かいにある温泉施設といっしょの場所にあります。

なかなか便利なところです。

↓道の駅鶴沼
UNI_1316_400.jpg

まず明るいうちにテントをはることに。
キャンプ場は無料でした。

↓鶴沼公園フリーテントサイト
UNI_1314_400.jpg

↓テントをはった様子
UNI_1310_400.jpg

↓虹が見れました
UNI_1308_400.jpg

↓キャンプ場にある池 建物は温泉施設
UNI_1312_400.jpg

テントをはった後、温泉に行きました。
脱衣所でソウタロウと話していると、「どこから来たんや」と、やさしそうなおじいちゃんが話しかけてきました。

いろいろ北海道に関する情報が聞けました。

温泉の後はご飯を食べました。温泉の横にあるおしゃれなレストランで、店員の対応も田舎くさくないのがよかったです。

ジンギスカン定食を食べました。

↓ジンギスカン定食
UNI_1309_400.jpg

ほかにも自転車の人がいて、大学のサークルっぽい10人近い団体と、男4人組がいました。

話そうかと思ったけど、サークルは知らぬ間にいなくなっていて、男4人組は話しかけにくい雰囲気だったので断念。

サークルはどうやらキャンプ場のロッジに泊まったようでした。

↓キャンプ場のロッジ
UNI_1313_400.jpg

テントに戻ると、雨が降っていたようでテントが浸水。気温もだいぶ下がっていました。

その後も雨が降ったので僕は屋根がある場所にテントを移してそこで寝ました。

2000円のテントなので、ここは仕方ないところ。すこし涼しかったけど、よく寝れました。

こうして1日が終わりました。
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

北海道自転車旅行 4日目

目覚めは爽快です。
とりあえず、昨日もらったトマトを食べました。

トウモロコシも、ソウタロウがもってきたガス器具で焼きました。なかなか甘くておいしい。

ですが、1人1本で満足。3本余りました。

重たいのでこのまま持って行くのは避けたいところ。トマトもたくさん余っています。

捨てようかという話にもなりましたが、もったいないし、せっくもらったのに悪いので、キャンプ場にいる人にあげることに。

ロッジの外で朝食をとっていた家族連れに話しかけると喜んでもらっていただけ、朝ご飯も分けてもらえることになりました♪

北海道の人だったので、北海道の話を結構聞けました。

北海道の南部はなにもないと言われたので、南端の襟裳岬に行くのはやめることにしました。

30分ほどお世話になり、出発しました。


途中、ソウタロウがいらない荷物を送り返すため、郵便局へ。
自炊道具とか米とか送り返したようです。せっかくもって来たのに。

↓途中の国道沿いに放牧されていた馬
UNI_1317_400.jpg

↓馬
UNI_1318_400.jpg

雨竜町の道の駅、田園の里うりゅうに行ってご飯をたべました。

↓田園の里うりゅう
UNI_1320_400.jpg

北海道の道の駅は、けっこう金がかかっています。

レストランも軽食だけじゃなく、しっかりとしたものが食べられるところが多いです。

釜飯の定食を食べました。うまかった!

UNI_1319_400.jpg

この後、すぐにソウタロウとお別れする予定だったのですが、ソウタロウがひまわりを見に行くと言っていたので、僕もひまわりを見に行くことにしました。
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

北海道自転車旅行 4日目 北竜町ひまわり園

ひまわりの町、北竜町へ。

少しアップダウンと向かい風に苦しみました。

ひまわり園は無料で入れます。
入り口に案内所みたいなところがあり、レンタサイクルもできます。

案内所には、おじいさんが座って談笑していました。

案内所のおじいちゃんに「どこから来たの?」と話しかけられ、少し話しをしました。

ひまわり園は、けっこうな広さです。
8月23日だったので、閉園まで数日でした。見にいけてよかったです。

↓ひまわり
UNI_1333_400.jpg

観光客もけっこういました。
元は田んぼであったと思われるところに、ぎっしりとひまわりが咲いています。

どうやら、区画によって咲かす時期をずらしているようでした。

なぜかダチョウもいます。エサもやれます(有料)
アルバイトで来てるらしき若者が、けだるそうに椅子に座っていました。

↓ダチョウ
UNI_1328_400.jpg

ひまわり園を出て、案内所に戻って寄付を100円すると、ひまわりの種を3袋くれました。

案内所の人が、おじいさんからおばあさんに交代していたので、また前とおなじような流れになり、大阪からフェリーで来て北海道をめぐっているという話をしました。

ひまわり園の横には、プレパブっぽい大きな建物があります。
そこでひまわりソフトクリームを食べました。

まろやかな味で結構美味しかった。ひまわりの種の粉が入っているようです。

↓ひまわりソフトクリーム
UNI_1335_400.jpg

この後、ひまわり園から1キロほど離れた、道の駅 サンフラワー北竜に行きました。

↓サンフラワー北竜
UNI_1338_400.jpg

↓サンフラワー北竜 入り口の門
UNI_1339_400.jpg

とても道の駅とは思えない作りです。中には温泉もあります。
北海道の道の駅は、豪華です。

道の駅に圧倒された後、ソウタロウとのお別れする交差点へ向かいました。

この先一人で寂しくなるなと思いながら、こいでいると、あっさりと交差点のセイコーマートに到着。

セイコーマートの駐車場でセルフタイマーを駆使して記念撮影をしました。

↓ソウタロウと記念撮影
UNI_1341_400.jpg

ソウタロウはこの後宗谷岬を目指し、僕は旭川から美瑛、富良野に行くので、ここでお別れ。

この日はのんびりしすぎて、2時に別れるまで、40キロぐらいしかこいでいなかったので、走行距離を稼ごうと旭川に向け出発しました。
posted by ねう at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

北海道自転車旅行 4日目 旭川へ

ソウタロウと別れた後、旭川へ向け出発。

国道12号線を走って、だいたい45キロぐらいでした。

自転車道になったので、快適でした。周りは山だけど、高低差はあんまりありません。

↓国道12号線 自転車道
UNI_1342_400.jpg

この自転車道、熊出没注意の看板がありました。
さすが北海道。

↓熊出没注意の自転車道
UNI_1343_400.jpg

途中、一緒のフェリーで小樽に上陸した外国人の2人組に遭遇しました。

小樽から200キロぐらいあるのですごい偶然でした。

追い風が強く、信号もないので2時間もかからない間に旭川に到着。

↓JR旭川駅
UNI_1344_400.jpg

旭川はけっこう都会でした。

↓駅前の大通り
UNI_1345_400.jpg

お腹がすいたのでラーメンを食べることにしました。

↓札幌ラーメン
UNI_1346_400.jpg

UNI_1347_400.jpg

まあ普通のラーメンでした。

旭川を少しブラブラした後、美瑛に向かいました。
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

北海道自転車旅行 4日目 美瑛へ 

旭川から美瑛へ向かいます。

美瑛はこの旅の大きな目的です。景色が綺麗なので。

途中出会ったおっちゃんも、「美瑛とか富良野は北海道で一番いいところ」と言っていたので、期待が高まります。

美瑛から旭川までは、まっすぐな道が続きました。

↓途中見えた夕日
UNI_1348_400.jpg

↓ついに美瑛町へ
UNI_1350_400.jpg

↓美瑛で見た夕日
UNI_1351_400.jpg

美瑛についたのは6時半ごろ。すぐに暗くなり始めました。

寝る所を探さなければいけませんが、美瑛駅の周りは空き地とか、公園が多くて寝る所はいくらでもありそうな感じです。

美瑛はバイクとか自転車で旅行している人がけっこういました。
駅にいた自転車旅行の人に寝れそうなところを聞くと、

「駅も無人だし、そこら辺で寝れるんじゃない?俺はどこでも寝れるし」

と言われました。

確かにどこでも寝れそうな感じだったので、とりあえずお風呂に入る事にしました。

駅前通りの銭湯でお風呂に入って、銭湯にあったコインランドリーで洗濯をしました。


風呂に入った後、美瑛駅の辺りでテントを設置できそうなところを探すと、公園があったので、そこに張りました。

↓テントを張った様子
UNI_1354_400.jpg

屋根つきです。この建物は倉庫みたいです。

雨の心配がないので、いいところでした。
posted by ねう at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

北海道自転車旅行 5日目 美瑛 パッチワークの路 北西の丘展望公園

朝3時ごろ、寒さで目が覚めました。

8月下旬でこの寒さは予想外。服をたくさん着て、寝袋の中の空気が外に逃げないようにしてなんとかなりました。

朝になって、公園にも朝の散歩をする人とかラジオ体操始める人が出てくるのかと思いきや、全く人の気配がありません。

せっかくキレイな公園なのに。

8時ぐらいになると、日が照りつけ、暑い!この寒暖の差はきつかった。

↓前日洗濯したものを乾かしました
UNI_1355_400.jpg

ガイドブックに載っていた、美瑛のサイクリングコースを走ることに。
まずは「パッチワークの路」を走りました。

サイクリングコースと言っても、ガイドブックが「こういう道順で走ればいいよ」と紹介しているだけなので、道案内とかはあまりありませんん。

本当にここであってるのか?と迷うことが何度かありました。

↓国道にあった看板
UNI_1356_400.jpg

いきなり上り坂。
ガイドブックには「急な上り坂。無理せず自転車を降りて登ろう」と書かれてありました。

確かにママチャリでは登れない坂です。

サイクリングロードというと、爽やかな感じですが、どうやらこのサイクリングロードは汗だくになりながらアップダウンを楽しまなければならないようです。

しまなみ海道と同じです。

ただ、06年夏にG先輩と松江に行ったときに気づいたこと、「苦しい思いをすればいい景色が見れる」というのは確かです。

坂を上ると、壮大な景色。

UNI_1357_400.jpg

傾斜がゆるくなってからも、上り続けて「北西の丘展望公園」につきました。

↓公園から見た景色
UNI_1358_400.jpg

↓へんな展望台があります。
UNI_1360_400.jpg

↓展望台から見た景色
UNI_1361_400.jpg

↓展望台から見た動画


↓売店もあります
UNI_1364_400.jpg

↓ラベンダーソフトを食べました。味は普通。
UNI_1363_400.jpg

ほんとに景色がきれいで、来てよかった。
この後「マイルドセブンの丘」に行きました。
posted by ねう at 10:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

北海道自転車旅行 5日目 美瑛 パッチワークの路 マイルドセブンの丘

北西の丘展望公園から、マイルドセブンの丘に向けて出発しました。

距離はだいたい4キロです。

マイルドセブンの丘は、たばこのパッケージに使われたことがあるらしいです。

UNI_1365_400.jpg

たぶん下の写真がマイルドセブンの丘のカラマツ。
似たような景色が多いので、自分でもどれかわからない。

↓たぶんマイルドセブンの丘
UNI_1366_400.jpg

「あっこれがそうか…」という感じでした。

マイルドセブンの丘から、Land Cafeへ。
Land cafeは喫茶店です。

↓途中見えた北海道らしい景色
UNI_1367_400.jpg

↓なにかわからないけどとりあえず撮影
UNI_1368_400.jpg

マイルドセブンの丘から2キロほどこいで、Land Cafeに到着。

ですが、テレビの撮影をやっていたので、そのまま通りすぎました。
↓Land Cafe
UNI_1369_400.jpg

この後、親子の木に行きました。
posted by ねう at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道自転車旅行 5日目 美瑛 パッチワークの路 セブンスターの木、ケンとメリーの木

Land Cafeからセブンスターの木へ向かいました。

↓途中の景色
UNI_1370_400.jpg

↓途中の景色2
UNI_1373_400.jpg

↓途中の景色3
UNI_1375_400.jpg

セブンスターの木はすぐにわかりました。
50人くらい観光客がいたので。

僕以外は車かバスで来てました。

↓セブンスターの木
UNI_1378_400.jpg

ただの木が観光名所になるなんてすごいですね。
でも、僕は途中に見えた山のほうがきれいだと思いました。

強いて言うなら、人がいっぱいいたのが嫌だったのかな。

この後、ケンとメリーの木へ向かいました。

↓ケンとメリーの木の向かいにある建物
UNI_1386_400.jpg

↓ケンとメリーの木
UNI_1387_400.jpg

ケンとメリーの木にもたくさんの観光客がいました。
昔、自動車のCMに登場したそうです。

セブンスターの木よりも、ケンとメリーの木のほうが気に入りました。

この後駅に向かって、パッチワークの路が終了。
全長約22キロ、約2時間でまわりました。
posted by ねう at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

北海道自転車旅行 5日目 さようなら美瑛

パッチワークの路を走り終え、美瑛駅に向かいました。

↓夏季のみ運行する、富良野・美瑛ノロッコ号(たぶん…)
UNI_1389_400.jpg

ノロッコ号は景色を楽しみながら旭川から富良野にいけます。

美瑛駅のまわりは、けっこう豪華な建物が多いです。

↓美瑛駅
UNI_1391_400.jpg

↓道の駅
UNI_1390_400.jpg

美瑛駅の近くのパン屋でパンを買って、駅前の広場で少し休憩しました。

この後、ガイドブックに載っていた、サイクリングコースの「パノラマロード」というのを参考にして、富良野に向かうことに。

↓パノラマロードから見える十勝連峰
UNI_1392_400.jpg

↓パノラマロードからの景色
UNI_1393_400.jpg

「クリスマスツリーの木」というのがあるので行ってみました。
ガイドブックでは、花畑の中にポツンと三角形の木が立つ写真が載ってましたが…

畑はもうかれていました…
UNI_1394_400.jpg

とっても切ない写真になってしまいました。
途中あった人にこの写真を見せたら爆笑されました。

途中あった、深山峠の頂上にある道の駅で休憩しました。
峠というより、丘って感じでした。道の駅からの景色がすごくよかったです。

ちょうど昼だったので、ご飯を食べました。

↓道の駅
UNI_1398_400.jpg

↓とりあえず炭水化物を取りました。
UNI_1399_400.jpg

↓道の駅からの景色
UNI_1400_400.jpg

この後、上富良野に向かいました。
posted by ねう at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

北海道自転車旅行 5日目 上富良野 フラヌイ温泉

とりあえず上富良野に到着。

↓上富良野駅
UNI_1401_400.jpg

時刻は昼過ぎ。
ものすごく暑い。30℃以上あるし、日差しが強い。

この暑さの中、なにもすることがないので、温泉に入ることにしました。

上富良野にある、フラヌイ温泉に行きました。

↓フラヌイ温泉
UNI_1402_400.jpg

フラヌイ温泉は、源泉の温度は30度ちょっとしかありません。
源泉そのままのお風呂と、加熱して40度以上にしたお風呂の2種類がありました。

源泉はプールぐらいの温度で、暑かったのでちょうどいい温度で気持ちよかったです。

富良野だけに、北の国からの出演者の写真とかが飾ってありました。

温泉につかった後、日の出公園に行こうかと思いましたが、まだ暑く、丘を登るのもめんどくさいと思ったので、後藤純男美術館に行きました。

↓日の出公園
UNI_1403_400.jpg

↓後藤純男美術館
UNI_1405_400.jpg

↓後藤純男美術館から見える景色
UNI_1404_400.jpg

後藤純男美術館はなかなかよかったです。
絵は迫力がありました。1000円払った価値があったな。

この後、富良野に向かいました。

ランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

北海道自転車旅行 5日目 山部自然公園太陽の里キャンプ場

上富良野の後藤純男美術館から、富良野へ向かいました。

この日は、富良野市南部の山部自然公園太陽の里キャンプ場でテントを張ることに。

富良野はけっこう都会でした。

北の国からの舞台になった麓郷(ろくごう)地区に行ってもよかったんですが、北の国からを一度も見たことがないので、行ってもしゃあないと思っていきませんでした。

富良野でご飯を食べようと思って、ガイドブックを見ると、寿司とかそばとか郷土料理とか、夜はやたら高いので、今日は普通の食事でいいやと思って、ガイドブックに載っていた、「パーラーメリオール」という喫茶店に行きました。

↓パーラーメリオール
UNI_1407_400.jpg

オムライスを食べました。コーヒーがおいしかった!

ご飯を食べた後、富良野市街から15キロほど離れた「山部自然公園太陽の里キャンプ場」へ。

↓夕暮れ時の景色がけっこうよかったです。
UNI_1408_400.jpg

国道にあるコンビニで、翌日の朝ごはんとかを買いました。

国道から3キロほど入って行くと、山部自然公園太陽の里キャンプ場に着きました。

無料なのに広くてなかなかよかった。

↓山部自然公園太陽の里キャンプ場
UNI_1416_400.jpg

夜は自炊をする人もけっこういて、僕もやってみたいと思いました。
実際には、けっこう大変そうですけど。

UNI_1414_400.jpg

美瑛でテントを張ったときは、朝寒くて目が覚めてしまったので、この日は防寒対策をしっかりして寝ました。

ランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
posted by ねう at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

北海道自転車旅行 6日目 

目覚めは爽快!

朝から強烈な日差しで、すぐに暑くなりました。

今日はこのまま南下して、海のあたりまで行こうと思い出発しました。

↓途中たくさんあった旗
UNI_1418_400.jpg

けっこう山のなかを走ります。

UNI_1419_400.jpg

この先には、海抜490メートルの金山峠があります。
でも富良野もけっこう海抜が高いので、実際に登るのは200メートルぐらいでしょうか。

傾斜が緩い上りがひたすら続いたので、このまま行けるのかなと思いましたが、やっぱり峠の前は傾斜がきつくなりました。

10キロ近い荷物を積んでると、さすがにきつい。

がんばって登っていると、前方歩いている人が!!

テンションあがります♪

「こんにちは〜」と話しかけ、一緒に頂上まで10数分歩いて上りました。

彼は、大阪に住んでる大学院2回生で、就職も決まってひと段落したので北海道に来たそうです。

苫小牧から襟裳岬に行って、十勝に行ってから富良野に行って、今から苫小牧まで行って帰るらしいです。

数日前に下り坂でこけて怪我をしたらしく、スピード出すのが怖いとか言ってました。

「僕遅いので先に行ってください」といわれ、もっと一緒に走りたかったけど、嫌がられてるのかなと思って、言われたように先に坂を下ってお別れしました。

↓金山峠頂上
UNI_1420_400.jpg

紫の服の人が自転車を押してた人です。


峠で自転車を押して登る彼は、これまで意地になって自転車から降りずに峠を越えてきた僕にとって、衝撃的でした。

「そうか、押せばいいんだ。」

新たな発見でした。


別れた後、湯の沢温泉に行きました。
朝風呂をしようと思って。

↓湯の沢温泉
UNI_1421_400.jpg

でも、朝早くて開いてませんでした…。

開くまで1時間以上あったので、占冠村の中心部へ。
占冠は、「しむかっぷ」と読みます。

北海道は読めない地名が多いです。

↓占冠駅(海抜348メートル)
UNI_1422_400.jpg

↓駅前にあったお土産&食堂
UNI_1424_400.jpg

↓はく製が置いてありました。
UNI_1427_400.jpg

占冠村の歴史の展示もあったので、じっくり見ておきました。


占冠村はほとんど山で、行くところもあんまりなさそうなので日高に向けて出発。

また峠があります。日高峠です。これも海抜500メートルぐらいの峠です。

日高峠に向かっていると、大型トラック用の居眠りパーキングみたいなところで、紫のTシャツを着た人影が!

金山峠で会った彼でした。きっとはく製の写真とか撮っているうちに抜かれてしまったんですね!

今度は、自転車を降りずに登ることに!

彼の後ろについて上りました。やっぱり前に人がいるのは精神的に楽です。

彼は降りて峠を上りたかったのかもしれないけど、なんとか頂上まで降りずに到達!

下りは一気に駆け抜けました。山の景色がきれいでした。

峠を下ったら、日高に出ました。
道の駅があったので、一緒にご飯を食べることにしました。

↓日高の道の駅
UNI_1431_400.jpg

↓てんぷらとそば
UNI_1428_400.jpg

ご飯を食べているときに、キャンプ場の情報とかいろいろ教えてもらいました。

彼はこの日のフェリーで帰るらしいので、先を急ぐそうです。
僕は暑いので、また温泉で時間を潰そうと思って、近くにある沙流川温泉に行くことにしたので、ここでお別れです。

↓お別れ
UNI_1429_400.jpg

この後、沙流川温泉に行きました。

ランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
posted by ねう at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。