2007年04月08日

三重自転車旅行 1日目 伊賀に到着

2007年4月2日から3泊4日で三重県の伊賀、伊勢をめぐる旅行に行ってきました。
 
4月2日 大阪府茨木市から三重県伊賀市へ
4月3日 三重県伊賀市から三重県伊勢市へ
4月4日 三重県伊勢市から滋賀県甲賀市へ
4月5日 滋賀県甲賀市から大阪府茨木市へ
 
どの日も100キロ近く走りました。
今回一緒に行ったのは、ツサ君。
同じ学科の友達です。自転車で旅行に行くのは今回が初めてだそうです。
必修科目の単位を落として、今年は留年がかかっているとか。2週間後にその必修の追試があるけど、どうせ直前にならないと勉強しないと言って参加してくれました。
 
本当はもう一人、自転車部の友達も参加する予定だったんですが、直前に都合が悪くなり不参加に。
2人旅になりました。 
 
↓ツサくんの自転車
ツサ君の自転車
ツサ君の自転車は、ルイガノのクロスバイクです。マウンテンバイクに近いタイプで前輪にサスペンションがついてます。僕の自転車、クロスバイクのジャイアント、エスケープR2よりスピードは出なさそうです。
 
なので、僕が先頭をいつもより5キロぐらいゆっくり走りました。だいたい時速22、3キロでした。
 
まず初日は大阪府茨木市から三重県伊賀市をめざします。
ルートは、大阪府茨木市→高槻→大阪府枚方→京都府京田辺→木津町→南山城村→三重県伊賀市です。
国道163号線で京都南部から三重県に行くルートです。
 
ルートを見る。←くわしくルートを見たい人はクリックしてください
 
距離は80キロ、高低差は約200メートルです。途中に峠があるのは確実です。
ちょうど桜の咲く季節なので、キレイな桜をたくさんみれました。
↓枚方パーク近くの公園の桜
枚方パーク近くの公園の桜
朝10時に茨木を出発!順調に進みます。
出発から40キロちょっと行ったところで、国道24号線から国道163号線に分かれる交差点に来ました。
 
このまま国道163号線に入ってしまうと、店がなさそうなので交差点にあるココスでご飯を食べました。
UNI_0736_400.jpg
1000キロカロリー以上摂取しました。自転車はカロリーを消費するのでたくさん食べるなきゃいけない。
 
国道163は、山と山の間を走る国道で、道の横がすぐ山だし道が狭いので少し走りにくい。
落下物もけっこうありました。交通量はそんなにないですが、大型車の割合が高かった。
 
↓国道163号線の様子
国道163号線の風景
 
↓国道163から見た景色
国道163号線の風景
国道163は川沿いの道なので、ずっとなだらかに登ってきてたとは思うんですが、やはり峠がありました。
 
↓峠を上りきって少し休憩
UNI_0739_400.jpg
道沿いにはなにもない。田舎の風景。ここでパンクしたら大変そうです。鉄道に沿っているのでいざというときは輪行です。
 
三重県伊賀市に入ってからも少し登りました。傾斜が6%のところもありました。
伊賀の峠
そしてついに3時ごろ、三重県伊賀市に到着。
なにもないのどかな風景が続きましたが、景色はけっこうよく、気持ちよく走れました。
 
写真は上野市駅です。銅像は松尾芭蕉。
松尾芭蕉は伊賀出身なので銅像があります。
上野市駅
初日泊まったのは、上野市駅からすぐ近くの旅館、北村屋旅館。
楽天トラベルで予約しました。入力するだけで簡単に予約できました。便利です。
 
楽天のポイントを使ったので、素泊まり一人4500円のところが3250円になりました。
ツインの洋室に泊まりました。中はキレイでした。
たぶん家族経営の旅館です。旅館の人もやさしく、いい宿でした。
北村屋旅館
旅館に荷物を置いて、観光に出かけました。上野公園に行ってきました。
posted by ねう at 11:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

三重自転車旅行 1日目 伊賀上野城観光

旅館に荷物を置いた後、上野公園に向かいました。旅館からすぐ近くです。
桜がけっこうたくさんあり、きれいでした。また、下のノボリがあちこちにありました。
UNI_0755_400.jpg
なぜ忍者はローマ字なんでしょうか?漢字のほうがかっこいいのに。
 
上野公園には伊賀上野城があります。大正時代に再建されたそうです。
上野城
平日なので人もまばらです。休日は桜の季節とあって、出店とかいくつかあるようですが、この日は閉まってました。
 
城内に入ってみました。入場料500円。
いきなり藤堂高虎の像があります。 城主です。
藤堂高虎
1階と2階は展示スペースです。
 
3階は展望スペースでした。
↓伊賀上野城3階
UNI_0743_400.jpg
外を見てみました。伊賀上野が一望できます!
ところが、ひどい黄砂のためよく見えませんでした。
↓黄砂でもやがかかった伊賀上野。
上野城から見た景色
藤堂高虎は城作りが得意だったそうです。伊賀上野城には、高石垣というものがあります。
手すりやロープはまったくなく、落ちそうです。けっこうな高さ。普通にあぶない!
↓高石垣
高石垣
 
俳聖殿というものがありました。
中には松尾芭蕉の像がありました。それにしてもなぜこんな形になったんでしょうか。
UNI_0749_400.jpg
 
この後、忍者屋敷に向かいました。忍者屋敷は入場料が700円もするので、ふたりでどうしようか相談しましたが、「せっかくここまで来たんだから行こう!」ということになり、行ってきました。
posted by ねう at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

三重自転車旅行 1日目 伊賀忍者屋敷

伊賀上野城に行った後、忍者屋敷に向かいました。
忍者屋敷は伊賀上野城からすぐです。
 
途中、忍者に遭遇しました。
UNI_0748_400.jpg
と言っても、この人たちは一般人です。1人500円で忍者になれるようです。
恥ずかしいので忍者にはなりませんでしたが…。
 
そして忍者屋敷に到着。伊賀郊外にあった屋敷を、移築したそうです。入場料は700円でした。
UNI_0754_400.jpg
中に入ると、忍者の格好をした人たちが5人くらいいて、談笑してました。
で、僕とツサ君が中に入り口から入っていくと、茶髪のお姉さんの忍者(くのいち)が忍者屋敷に案内してくれました。
 
大人が普通に忍者の格好をしてるので少し笑いそうになりました。 
忍者屋敷の中では、また別の人が忍者屋敷の仕掛けを実演してくれました。
 
なかなか勉強になりました。
↓忍者屋敷のからくり
UNI_0753_400.jpg
忍者屋敷の地下道に入ると、そこは展示スペースになっていました。
↓忍者の変装
UNI_0750_400.jpg
 
↓手裏剣
UNI_0751_400.jpg
 
↓忍者の武器
UNI_0752_400.jpg
地下道を抜けると、忍者の博物館みたいなところがあり、これまた勉強になりました。
2人で「忍者すげぇ」とか行ってました。予想以上に忍者屋敷は勉強になりました。
posted by ねう at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

三重自転車旅行 1日目 伊賀牛&芭蕉の湯

上野公園を観光した後、上野市駅前のニカク食堂で伊賀牛を使った焼肉定食(1500円)を食べました。
ほんとは、すき焼きに行こうと思って、店まで行ったのですが、その店が閉まってたので、駅前のおいしそうな食堂に行きました。
 
中は古い感じで庶民的でした。
「ご飯大盛りにできますか?」と聞いたら、あたかもサービスで大盛りにしてくれるような感じだったので、ついでにご飯おかわりまでしました。2人で喜んでいたら、後でしっかりお金を取られました。
 
大盛り、おかわりであわせて200円。
メニューにもご飯おかわりと大盛りの値段書いてなかったのに!
 
「ごめんな。サービスやないねん」おばちゃんにしてやられました。
UNI_0756_400.jpg
伊賀牛、なかなか美味しかった。2人ともお腹いっぱいになりました。
 
旅館に帰って、旅館のおっちゃんに近くにいい温泉はないかと聞いたら、ウェルサンピア伊賀を紹介してくれました。厚生年金施設です。
 
山の上にいい温泉があるといわれました、さすがにそこまでの元気はないので断念。
 
ウェルサンピア伊賀は、北村屋旅館から3キロぐらいでした。
↓ウェルサンピア伊賀
UNI_0758_400.jpg
写真はたぶん宿泊施設で、温泉はこの建物の横に別館としてあります。
温泉の名は、「芭蕉の湯」
 
ここでは、「忍者」じゃなくて、「芭蕉」がきました。確かに忍者の湯より芭蕉の湯のほうがゆっくり疲れを取れそうな気がします。 
 
とにかく伊賀は、「忍者」や「松尾芭蕉」をやたらアピールしたがります。
 
かなりいい風呂でした。疲れがとれました。ちなみに入浴料は800円。
 
↓風呂上りの牛乳
UNI_0759_400.jpg
 
北村屋旅館に帰って、2人でビールで乾杯しました。
ツサ君は「ベッドに入ったらすぐ寝そう」とか言ってましたが、ほんとにベッドに入るとすぐ寝てしまいました。
最初は、わざとかと思いましたが、ほんとに寝てました。ツサ君いわく、酒が入るとすぐ寝てしまうそうです。
 
僕もわりと早く寝ました。こうして1日目が終わりました。
2日目は伊勢をめざします。
posted by ねう at 17:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

三重自転車旅行 2日目 伊賀から伊勢へ

朝は8時半ぐらいにおきました。そして9時半ごろ出発。
旅館の人に「気をつけていってきな」と温かく送りだしてもらいました。 
 
朝はコンビニでサンドイッチを買いました。それとポンジュース。ポンジュースは元気の源です。
UNI_0763_400.jpg
 
伊賀は道路は名阪国道があるし、JRも近鉄も駅があるので便利です。
街もメインストリートの銀座通りを中心に、碁盤の目のように整備されていて(規模は小さいですが)、観光しやすい街でした。
 
人も親切で、道を聞いたら大阪のおばちゃん並に熱心に教えてくれるし、二人で交差点で道について話していると、「あっちや」と聞いてもいないのに道を教えてくれるおっちゃんもいました。
 
あと、やっぱり服部という名前が多い。服部川もありました。
 
伊賀から国道163号線でまず津をめざします。
 
ルートを見る。
 
伊賀には名阪国道が通っているのでそっちを通る車が多いのか、国道163は交通量が意外と少ない。
↓国道163の様子
UNI_0764_400.jpg
伊賀の中心部から数キロ走ると田舎になります。市町村合併で伊賀市になる前まで、大山田村だったところを通っているようです。まだ大山田村と書かれた看板がけっこうありました。
 
伊賀と津の境にある峠、長野峠までは伊賀から20キロほどで、300メートルぐらい登ってます。
途中までなだらかに登り続けました。そして最後に峠がありました。
 
↓長野峠にあった看板  伊賀市はでかい
UNI_0765_400.jpg
峠の頂上に、とても国道のトンネルとは思えないトンネルがありました。狭すぎる。
そしてトンネルを抜けた後はひたすら下り。
 
時速40キロぐらいで5キロほど下りました。なかなか気持ちよかった。
峠を下りきって、少し行くともう津の中心部まではあとわずか。ところがいっこうに都会っぽい雰囲気になりません。
 
↓津の中心部まで5キロの地点
UNI_0766_400.jpg
 
国道163から国道23に入るとやっと都会っぽくなりました。
津駅に行きましたが、予想外にしょぼく、目的の飲食店もわずか。
 
↓津駅
UNI_0770_400.jpg
 
駅のすぐ横のビルの地下にあるレストラン街に行ってラーメンを食べました。
激辛でした。替え玉してお腹を満たしました。辛いの苦手なのでがんばって食べました。
UNI_0767_400.jpg
 
三重の県庁所在地、津の予想外のしょぼさにがっかりしたものの、目的は伊勢。
ラーメンを食べてすぐ伊勢に向かいました。津からは45キロほどです。
 
国道23号で伊勢に向かいます。
快晴でした。
北西から強風が吹き、それが追い風となったのでものすごく楽に進みました。
UNI_0771_400.jpg
 
国道23号のまわりはのどかで、建物もあまりありません。なので風の影響をもろに受けます。
すいすい進み、信号もほとんどないので2時間ちょとで伊勢に到着しました。着いたのは3時半ごろでした。
 
伊勢について、まずは伊勢神宮の外宮(げくう)に行ってきました。
伊勢神宮には内宮と外宮があって、おかげ横丁、おはらい町があるのは内宮のほうです。
posted by ねう at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

三重自転車旅行 2日目 伊勢神宮(外宮)

国道23号線に、「→伊勢神宮」みたいな標識があったので、右折し、しばらく行くと伊勢神宮の外宮に到着しました。3時半ごろでした。
 
後から気づきましたが、国道23号線の終点が伊勢神宮の内宮なのでそのまままっすぐ行ってもよかったです。 
 
内宮と違って、外宮のまわりには駐車場以外特になにもないです。
 
伊勢神宮はもちろん無料で参拝できます。
伊勢神宮 外宮
林の中の砂利道を歩くのはなかなか気持ちいい。 
 
正宮です。中に入っての撮影は禁止されていました。
もちろん、交通安全を祈ってきました。
↓伊勢神宮(外宮)の正宮
伊勢神宮(外宮) 正宮
ちょうど団体が来たのでこんなに人がいますが、人は少なかった。
この団体は、正宮だけ見て、僕たちが別宮とかをゆっくり見てる間にさっさと帰ってしまいました。 
 
正宮のとなりに空き地があります。
↓正宮のとなりの空き地
UNI_0776_400.jpg
20年に一度、正宮を隣の空き地に作りなおすそうです。
こうして常に新しい状態を保ちます。これは1300年前から行われているそうです。
次行われるのは、平成25年くらいです。確か…。 
 
別宮がいくつかありました。
伊勢神宮には、アマテラス以外にもたくさんの神様がいます。 
UNI_0774_400.jpg
 
とにかく交通安全をお祈りしておきました。
UNI_0775_400.jpg
 
外宮は初めて行ったんですが、なかなかよかったです。でもどちらかと言うと、内宮のほういいかなと思います。
店とかないので。 
 
歩き回って少し疲れてしまいましたが、伊勢神宮の外宮に行ったあと、おかげ横丁、おはらい町のある伊勢神宮の内宮に向かいました。約4キロの距離です。
posted by ねう at 16:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

三重自転車旅行 2日目 伊勢神宮(内宮)

伊勢神宮の外宮から内宮を目指しました。
外宮から内宮まで4キロちょっとありました。
 
桜がキレイに咲いていました。
伊勢神宮(内宮) 桜
 
見えている橋は宇治橋です。俗世と神域をつなぐ橋で、長さは100メートルくらいあります。
伊勢神宮(内宮)
 
↓桜がちらほら咲いてます。
伊勢神宮 宇治橋
 
↓宇治橋から見た景色
宇治橋から見た景色
 
↓宇治橋から見た景色
宇治橋から見た景色
 
宇治橋を渡ると、ちょっとした広場にでます。
ここにも桜が咲いていました。
UNI_0792_400.jpg
 
途中川まで降りられる場所があり、身を清めることができます。
UNI_0781_400.jpg
 
別宮のいくつかありました。
↓別宮に向かう道
UNI_0783_400.jpg
 
正宮です。
ここでも交通安全をお祈りしておきました。
UNI_0786_400.jpg
 
↓20年に一度、作り直す遷宮について説明されていました。
UNI_0787_400.jpg
 
池があって、桜がさいていました。きれいでした。
UNI_0788_400.jpg
 
この池には鯉がたくさんいます。
別の小さな池にも鯉がたくさんいて、とても窮屈そうでした。
UNI_0791_400.jpg
 
伊勢神宮は歩くとすごい気持ちいいです!気分爽快です!
伊勢神宮の近くに住んでる人はうらやましい。 
 
5時ぐらいにおはらい町に行くと、あまり人がいません。赤福は閉まっていました。
伊勢うどんを食べようと店を探しましたが、店が開いていません。
 
そして5時半になると、すべての店が閉まってしまいました。
予想外でした。おはらい町とおかげ横丁は早めに行かなきゃ閉まります。
参拝時間は6時までなのに…。
 
こうして夕方伊勢神宮に参拝して、夜ご飯をおかげ横丁で食べるという計画は崩れてしまいました。
 
2人で「三重県ありえんわ」といいながら、宿のユースホステル太江寺を目指しました。
posted by ねう at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

三重自転車旅行 2日目 ユースホステル太江寺

伊勢神宮を観光した後、ユースホステル太江寺を目指しました。
ユースホステルというのは、簡単に言うと安く泊まれる宿です。
 
ユースホステル太江寺は、夫婦岩で有名な二見浦のすぐ近くにあります。
途中見つけた日本一トイレのきれいな店で夜ご飯を食べました。
日本一キレイなトイレのある店
トイレは六畳ぐらいあって、真ん中にぽつんと和式便器があります。
そしてそのまわりを観葉植物が取り囲んでいました。びっくりのトイレでした。
 
トイレがキレイだからか、ご飯がおいしいからなのかわかりませんが、この店はたくさんテレビ、新聞の取材を受けているようでした。
伊勢うどんセットを注文しました。
 
↓伊勢うどんセット
伊勢うどん
 
伊勢うどん、讃岐うどんと比べてまったくコシはなく、太い麺でした。
そして甘タレのようなしょう油ベースで少し甘いタレを絡ませて食べました。
 
讃岐うどんと、同じうどんとは思えない。これはこれでおいしい。
この店の店主が、太江寺の人と知り合いらしく、近道を教えてくれました。
 
確かに地図上で見れば近そうですが、外はもう暗く、確実に迷うと判断し、普通の道で行きました。
国道から路地に入って数百メートル行けば太江寺があります。
 
ですが、夜なので真っ暗。道がわからず、近所の人に聞いてなんとかたどり着きました。
案内板はあるので、明るければ迷わずいけると思います。
 
↓太江寺への階段
UNI_0802_400.jpg
 
写真は翌朝撮ったものです。
実際に太江寺に行くときは真っ暗で肝試しのようでした。
UNI_0801_400.jpg
 
 
UNI_0800_400.jpg
 
↓お寺の横にユースホステルはあります。入り口はこんな感じです。
ユースホステル太江寺
 
ここでお金を払います。
ホームページで見てたのより安く、一人2800円でした。
 
↓ユースホステル太江寺の受付
ユースホステル太江寺
 
部屋が6室ぐらいあるようで、来た人を適当に割り振ってるようです。すべて和室です。
なぜか20畳の部屋に案内されました。おばちゃんの案内がすごいテキトーでした。
 
隣の部屋とは障子で仕切られていて、声が聞こえます。
UNI_0797_400.jpg
 
隣の部屋は、男一人旅の2人が相部屋になっていて、初対面ながら仲良くなっていました。
これまでどこ行ったみたいな話で盛り上がっていました。
ユースホステルってこういう場所なのか〜と2人で感心しました。
 
一人旅ならば、知らない人とおなじ部屋で布団を引いて寝なきゃいけないかもしれません。
これはあらかじめ覚悟しておいたほうがいいでしょう。
UNI_0796_400.jpg
この掛け軸はいったい…。
 
ユースホステル太江寺は、ツーリングマップル関西の泊まってみたい関西のユースホステルで紹介されています。
「歴史あるお寺が経営する宿だが、自由な雰囲気が漂っているせいなのか居心地がよく、のんびりできる。伊勢志摩観光の拠点に最適」と紹介されています。
 
確かに自由な雰囲気が漂ってました。布団も自分で運んできて自分でひきます。
8時ごろにおばちゃんは家に帰って行きました。なにかあったら電話してといって。
 
ユースホステル太江寺は、ユースホステルのホームページでは施設のレベルは最低になってました。
確かに納得です。暖房はありますが、部屋が広すぎるし、すきま風で効かなさそうです。
また、冷房はありません。
 
でも、平日にもかかわらず、僕らを入れて7人宿泊したので、結構流行ってるのかもしれません。
海がすぐ近くなので海水浴シーズンとかけっこう繁盛するのかな。
 
僕は前日に電話で予約しましたが、人が少なそうな時期なら予約なしで夕方行ってもなんとかなるでしょう。
おばちゃんが「予約なしで突然くる女性客のために一部屋あけてある」と言ってましたし、相部屋がありなので。20畳の部屋だったらいっぱい寝れますから。
 
この日も2人で乾杯しました。
テレビを見たりしてまったりしていると、気づけばツサ君が寝てました。
 
まだ8時半。風呂にも入らず、歯も磨かずに寝てしまいました。
よっぽど疲れたのか、ツサ君は翌日8時過ぎまで爆睡していました。
 
僕は12時くらいまで起きてましたが、翌日ツサ君より早く起きました(笑)
こうして2日目が終了しました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ


 

posted by ねう at 01:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

三重自転車旅行 3日目朝 二見浦観光後津にもどる

4月4日、3日目は7時半ぐらいに起きました。前日爆睡のツサ君は8時すぎに起きました。
ツサ君は睡眠時間12時間近くです。(笑)
 
ユースホステル太江寺には朝誰もいなかったので、そのまま出て行きました。
お金は払っているのでいいんですが、ふとんの片付けとかの説明をいっさい受けてないので、適当にたたんでおきました。
 
まず、すぐ近くの二見浦に行きました。
夫婦岩があるだけかと思いきや、神社や旅館などいろいろあって人もたくさんいました。
夫婦岩
↑夫婦岩
 
けっこう有名な観光地のようです。
UNI_0805_400.jpg
 
お土産屋で赤福を買った後、伊勢からとりあえず津を目指して出発です。
3日目は宿を予約しておらず、いけるとこまで行こうということでしたが、結局滋賀県甲賀市まで行きました。
三重県伊勢〜津〜亀山〜(鈴鹿峠)〜滋賀県甲賀という順です。100キロぐらいこぎました。 
 
ルートを見る。
 
朝ごはんは、朝9時ぐらいなので店があいておらず、仕方なく吉野家に行きました。
UNI_0806_400.jpg
 
前日からの強い西風のせいで、進むのがしんどかった。
下り坂でもこがないと減速しました!
 
全然スピードが出ないので、津までけっこう時間がかかりました。
 
さらに途中、急に天気が悪くなり、雨が降ってきました。10分くらいでやんだのでよかった。
UNI_0807_400.jpg
 
そして何とか12時半ごろ津に到着。このころには風もだいぶ弱くなっていました。
UNI_0809_400.jpg
↑津の中心部
 
お昼ごはんはいっぱい食べようということで回転寿司に行きました。
UNI_0810_400.jpg
 
ランチタイムで1皿90円でした。お得でした。
↓ツサ君がとったなぜかネタが1切れ多くのった寿司
UNI_0811_400.jpg
11皿食べました。1200キロカロリ以上とりました。
 
この後、亀山を通って国道1号線で滋賀県に行こうということになり、亀山をめざしました。
posted by ねう at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

三重自転車旅行 3日目 鈴鹿峠

津から亀山を目指しました。
国道23号線から国道306号に入ります。
 
ルートを見る。
 
すぐに山の風景になりました。坂はそんなにないけど、まわりが山。
UNI_0812_400.jpg
 
すこし峠はありましたが、1時間ちょっとで亀山に到着。
 
↓JR亀山駅
JR亀山駅
亀山、ほんとになにもなかった。名阪国道と国道1号線、東名阪が交わるところなので交通の便はいいかもしれませんが。お城の桜がきれいでした。
 
シャープの液晶工場はどこにあるのか…。
 
亀山ではすることがないので、すぐに出発。この先には鈴鹿峠があります。
鈴鹿峠はほんとにきつかった。登り坂が5キロ以上続きました。
 
いつになったら終わるんだという感じでした。ルートで高低差もみれます。
亀山から標高で300メートルほど上りました。
 
↓頂上付近から見た景色
鈴鹿峠
UNI_0817_400.jpg
↑写真の中央から登ってきました。
 
UNI_0818_400.jpg
↑橋が谷をつないでいます。登るまで橋が10個以上ありました。
 
ようやく頂上に到着。鈴鹿トンネルがありました。
これまで僕が登った峠のうち、3本の指に入るほどしんどい峠でした。
ちなみに一番しんどかったのは、国道173号線の天王峠です。 
 
頂上付近では雪が少し降ってきました。この4月4日は東京でも雪が降ったという全国的に寒い日でした。
鈴鹿トンネル
 
トンネルを抜けると滋賀県甲賀市に入りましたが、なぜか雨。そして気温は4度
かなり寒かった。下りなので寒さも増します。
 
トンネルから5キロぐらい下ったところに道の駅があったので寒さを逃れるために行きました。
UNI_0820_400.jpg
体が冷えたのでうどんとお茶で体を温めました。あいの土山にはとてもお世話になりました☆
4時ぐらいに着いて、30分ぐらい峠の疲れを癒しました。
 
時間的にもうあまり進めなさそうなので、滋賀県甲賀市で宿を探すことに。
ツーリングマップルに乗っていた、甲賀忍びの宿の目指し、国道1号から離脱しひとまずJR甲賀駅に行きました。
posted by ねう at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

三重自転車旅行 3日目 甲賀で泊まる

やっと滋賀県まで帰ってこれました。
 
その感動とともに坂を下ります。道の駅からしばらく行って、国道1号線をそれて滋賀県甲賀市の旧甲賀町を目指しました。甲賀市は最近いくつかの町が合併して市になったそうです。
 
甲賀も忍者で有名です。伊賀とも距離的にかなり近いです。
ちなみに読み方は、「こうが」じゃなくて「こうか」、「が」じゃなくて「か」です。
 
甲賀中心部まであと2キロとかいう看板を目にしたんですが、まわりには下の写真のような全く街を感じさせない風景が広がりました。
UNI_0822_400.jpg
さすがに僕とツサ君も不安になりました。
 
予想通り、甲賀駅のあたりもけっこうな田舎でした。
ただ、駅はきれいでした…。
↓JR甲賀駅
UNI_0823_400.jpg
 
下の写真のようなトリックアートが何枚かありました。立体的に見える絵です。
UNI_0824_400.jpg
駅前にも、あんまり店もありません。スーパーみたいな建物があったんですが、たぶん潰れてました。
あとは、100円均一が駅の近くにありました。
 
でも、なぜか駅前の通りには、500メートルほどの区間に、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンがあり、熾烈な争いを繰り広げてました(笑)
 
ぜったいそんなに客がいないし、田舎の人はあんまりコンビニにはいかないと思うんですが。
 
もう時刻は5時半。疲れたので、ここら辺で宿を探すことになりました。甲賀忍びの宿は断念して。
 
ですが、甲賀市の甲賀駅周辺があまりになにもないので、ひょっとして宿がないんじゃないか、とりあえず地元の人に聞いてみようということで駅の人にビジネスホテルとか旅館はないのか聞くと
 
「ビジネスホテル山水っていうのが、あのコンビニの横、ローソンじゃなくてなんだったっけ?とりあえずあるんだけど」
「セブンイレブンですか?」
「そうそう」
田舎の駅前に、コンビニが3社も進出したために、地元民は少し混乱気味のようです。
 
とりあえず宿があったので安心しました。ビジネスホテル山水は甲賀駅からすぐでした。
↓ビジネスホテル山水
ビジネスホテル山水(さんすい)
素泊まりで2人で9030円でツインの部屋に泊まることができました。
 
ここも家族経営のようで、50歳くらいのおばちゃんが仕切ってて、孫が事務所の中にいました。
外には孫の自転車もありました。
 
前日、お風呂に入っていない僕たちは、ツーリングマップルに載っていた温泉、「花風香(かふか)の湯」に行くことに。
ホテルを出ようとすると、ホテルのおばちゃんが「あんたら風呂いくんか?あそこやろ、花風香の」
と言って、なんと甲賀市民だけが持っているお風呂の割引券をもらえました。いっぱいあるようでしたけど。
 
これで800円のところが600円でお風呂に入れることに!
途中、夕日が見れました。
夕日
 
駅から2キロほど行くと、突然なにもないところに巨大な施設群が現れました。
鹿深夢の森
お風呂のほかに、レストランとかいろいろあるようです。
 
肝心の花風香の湯は、かなりよかったです。
マッサージチェアみたいに、ジャグジーで肩とか足とか腰をマッサージするところもあってとてもよかった。
塩サウナとかもあって、なんでこんな田舎にあるのか不思議です。
 
↓風呂あがりはやっぱり牛乳
UNI_0831_400.jpg
ツサくんが、サウナにはまってしまい、20分ぐらい外で待たされました(笑)
 
お風呂の横にあるレストランは、8時半ラストオーダーと意外と遅くまでやっていたのでここでご飯を食べました。
ほかに食べるところもあんまりないし。
唐揚げ定食
帰るときに見えた星がとてもきれいでしたが、道がまっくらなのでけっこう危険でした。
ホテルについて、この旅行で初めての洗濯をしました。
 
そしてまたビールを飲んで、10時すぎに寝ました。翌日はいよいよ大阪に帰ります。
posted by ねう at 15:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

三重自転車旅行 4日目 大津に到着

4月5日、ついにこの旅行も最終日の四日です。
この日も快晴でした。ビジネスホテル山水にはだれもいなかったので、フロントに鍵を置いていきました。
 
滋賀県甲賀市→滋賀県大津市→京都府京都市→大阪府茨木市のルートで帰ることに。
とくに行くところもないので、京都で円山公園にでも行って、桜を見ようという話になりました。
 
ルートを見る。
 
まず県道を通って、国道1号線を目指すことに。のどかな風景が広がりました。
この日も西風が強く、向かい風に苦しみました。
 
また、県道のトンネルで、歩道がせまくて自転車は走れなかったので、自転車を押して900メートルも歩くハメになりました。
 
国道1号線に合流してからは、まっすぐな道ですいすい進みます。
わずかに道が下りなのもありますが、風もなくなり快適に進みました。
 
草津市のあたりになると結構街になってきました。
UNI_0836_400.jpg
 
国道1号線から外れて、近江大橋を渡って大津に行くことに。
途中、キレイな桜並木がありました。
UNI_0838_400.jpg
 
↓近江大橋から見た景色。橋から南を見てます。
琵琶湖
 
↓近江大橋から見た動画です

 
近江大橋をわたると、膳所(ぜぜ)城跡があります。
琵琶湖を一周したときにも来ましたが、今回は桜がたくさん咲いていてきれいでした。
膳所城跡
 
↓膳所城跡の桜
UNI_0844_400.jpg
 
膳所城跡公園の桜
 
この後、とりあえず大津駅に行ってみることに。膳所城跡からは3キロぐらいでした。 
甲賀市からは40キロぐらい。
 
↓JR大津駅
大津駅
 
駅前の建物のレストラン街に行って中華を食べました。
UNI_0845_400.jpg
フリードリンクにつられて…。
 
大津ではとくになにもすることがないので、すぐに京都に行きました。
大津から京都は峠を超えるとすぐです。
posted by ねう at 00:38| Comment(2) | TrackBack(2) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

三重自転車旅行 4日目 京都円山公園観光

大津から峠を越えれば京都です。峠は高低差で50mほど登ります。
 
峠を下ってしばらく行くと、知恩院、円山公園のあたりに出てました。
 
ルートを見る。
 
4月5日、桜は満開でした。
まず知恩院に行くことに。知恩院のあたりに自転車をとめて歩いていきました。
 
↓知恩院の門 
知恩院
 
知恩院の門は迫力があります。ちょっと階段が厳しかった。さすがに足が少しだるい。
 
知恩院の中にもけっこう桜がありました。 
UNI_0848_400.jpg
 
 
UNI_0849_400.jpg
 
知恩院から円山公園に行きました。隣なのですぐにいけます。
円山公園は、桜がほんとにたくさんあって、平日にもかかわらず花見客がたくさんいました。 
 
UNI_0851_400.jpg
 
円山公園のしだれ桜
 ↑円山公園のしだれ桜
 
とてもキレイでした。人がたくさんいて、屋台もたくさんあるのでお祭りのようです。
平日でもこれだから、休日はすごいことになるんでしょう。
 
この後八坂神社に行きました。
 
↓八坂神社
八坂神社
 
ちょっと歩いてまわったぐらいですが。
 
この後、お土産を見たあとに大阪に向け出発しました。
posted by ねう at 19:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

三重自転車旅行 4日目 大阪に帰る

八坂神社から、四条通りを通って帰りました。
 
その後東寺を通るルートで171号線に入り、大阪に向かいます。
3時ごろに出発し、順調に走行。
 
そして5時ごろ、ついに大阪に帰ってきました。
 
苦しかったのは鈴鹿峠と途中の向かい風ぐらいで、雨もあんまり降らなかったし、順調でした。
ゆっくり景色を見て走れたのもよかった。
 
 別れ際、ツサくんにお礼を言われました。
初めての旅を楽しんでもらえたようでよかったです。
 
今度は一人で旅に行ってみたいとも言ってました。
 
3泊4日の旅行なのに、記事が14個と長々と書いてしまいました。
旅行で撮った写真はほとんど載せるのでこういうことになってしまいます。
 
読んでくれてありがとうございます。
 
 
ここで、この3泊4日の旅でいくらお金がかかったか、計算してみました。
 
初日 8450円
    宿泊 3250円
    飲食 3100円(伊賀牛焼肉が1700円のせいで高い)
    観光 1200円(上野城と忍者屋敷)
        温泉 900円
 
二日目 5400円
      
    宿泊 2800円
    飲食 2500円
    さい銭 100円
    
三日目 9265円
  
    宿泊 4515円
    飲食 3000円
    お土産 1000円
    温泉  750円
 
最終日 
     飲食 1400円
 
合計 24515円
 
まあだいたいです。やっぱり宿代がけっこう高いです。テントツーリングなら安いですが。
っと思ってテント買いました(笑) 
 
ゴールデンウィークはA先輩と2人で奈良、和歌山を旅する予定にしてます。もちろん自転車で。
テントで2人で寝る予定にしてますが、寒いかも。当然ゴールデンウィークの旅行も記事を書くのでまた来てください。
 
でも、全部書き終わるのは5月の下旬になると思いますが…。    

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ
posted by ねう at 20:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 三重自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。