2007年03月05日

香川讃岐うどん巡り 高松に到着

07年3月2日(金)と3月3日に香川に讃岐(さぬき)うどんめぐりに行ってきました。
もちろん自転車です。
 
今回のメンバーは、A先輩、G先輩、そしてヤンマー。
午前3時に大阪府池田市のA先輩の家に集合し、神戸まで行ってジャンボフェリーに乗って高松に行きます。 
 
僕は遅れるといやなのでA先輩の家に泊めてもらいました。
 
だいたい3時すぎにみんな集合し、3時半ぐらいに出発。
神戸まではだいたい30キロなので、1時間半ぐらいでつきます。
 
国道171号から国道2号線に入るルートで行きました。
深夜なので道もすいててものすごく走りやすい。
 
ところが、京都に行ったときに続きまたしてもヤンマーが交差点で止まるときに前の人に衝突!
今回は激しくぶつかったらしく、ヤンマーの自転車のチェーンが外れました。
 
事故には気をつけてもらいたいです。車が来なくてよかった。
 
無事にフェリー乗り場に到着。
高松まで往復で人だけなら2990円です。自転車なら+800円
 
自転車料金の800円を浮かすため、みんな自転車を袋に入れました。
輪行というやつです。こうすると自転車を荷物として扱えます。
 
UNI_0642_400.jpg
 荷台がついているので、正しい入れ方とはすこし違ってます。
 
朝6時発のフェリーに乗りました。高松まで3時間半の船旅。
フェリーに乗っていいことは、キレイな朝日をみれることです。 
日の出前
乗った時はこんな感じで暗かった。
 
空がだんだん明るくなって行きました。 
UNI_0638_400.jpg
 
そして日の出。
 
フェリーから見た朝日
 
瀬戸内の島々をみながら進みます。
 
UNI_0641_400.jpg
そして9時40分ごろ高松港に到着。
 
そもそもなぜこんな早い時間のフェリーに乗るかというと、讃岐うどん屋の大半は夕方ごろに店が閉まるからです。
 
高松に着いたあと、名物おばあちゃんで有名な「池上」を目指しました。
とんでもないオチが待っているわけですが…

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

香川讃岐うどん巡り 池上うどん

高松について、まず向かったのが「池上うどん
場所はブログパーツの地図から確認できます。自転車で高松港から30分ぐらいでしょうか。
 
雑誌には「超人気店で見つけにくい」と書かれてありました。
近くまで行ったものの、なかなか見つかない。案内板もないし。
 
A先輩のEZナビウォークを使いなんとかその場所にたどり着きました。
しかしそこで見たものは…。
UNI_0644_400.jpg
 
なんと移転の看板。横には下の看板もたっていました。
池上うどん跡地の看板
 
まさか移転しているとは…。A先輩のうどんブックにも載っていたんですが…。
 
あとで行ったうどん屋のおばちゃんに聞いたところによると、
超人気のため、駐車場のない店にもかかわらず人が車で押し寄せ、近所のスーパーに車を止めたり、近所の家の前に勝手に駐車されたりしていろいろとトラブルになっていたそうです。
 
そしてついには、地主さんから立ち退きを要請されたようです。
移転先は、池上うどんのお土産を作っている会社がめんどうをみるらしい。
そして今よりかなり大きい店で、駐車場もあるそうです。
 
また、この移転に関してテレビでもニュースになっていたようです。
さすが香川!瀬戸内海放送の動画はこちら。(3分もあります)
 
閉店日に池上うどんに言ったという日記を見つけました。こちら
 
帰ろうしていたら、恐らく池上うどんに行こうとしてる若者3人とすれ違いました。
閉店したのを知らず、今も訪れる人も多いんじゃないでしょうか。
 
気を取り直してこの後僕たちは池上うどんのすぐ近くの「つるいち」に向かいました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 15:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

香川讃岐うどん巡り つるいち

池上うどんが移転していたので、すぐ近くの「つるいち」に行きました。
つるいちも有名な讃岐うどん屋です。 
 
つるいちは池上うどんと違って案内の看板があるので、迷わずにいけました。
池上からつるいちまでは歩いても5分もあればつくんじゃないでしょうか。

 
自転車なのですぐ着きました。


外見はプレハブっぽい感じです。
セルフのうどん屋ですが、中はキレイです。
 
ぶっかけうどん(温)を注文しました。250円でした。
てんぷらは70円か80円。
さすがに大阪で食べるうどんよりもコシがありました。
UNI_0646_400.jpg
安くておいしいのが讃岐うどんの醍醐味ですね!
 
味はなかなか美味しかった。
ただ明らかにワックスと防腐剤が塗られたと思われるレモンが入っているのはどうかと思いました。
 
欲張りを言えば、せっかく香川まで来たんだからもっとディープなうどん屋に行ってみたい!普通の家みたいなうどん屋。
 
まだこの店はまともな感じなので。大阪にこの店があっても不思議ではない。
 
つぎは、ディープなうどん屋、綾歌郡綾川町の「赤坂製麺所」に行きました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

香川讃岐うどん巡り 赤坂製麺所

つるいちを後にし、綾歌郡綾川町陶の赤坂製麺所に行きました。
12時ごろに着いたと思います。 


自転車で1時間もかかりませんでした。
普通の家っぽい外観。すこし古いけど。
 
最初見たときは閉まってるのかと思いました。お客もいなかったし。
家の中では食べれなくて、外で川を見ながら食べるか、写真に写っている机で食べるかのどちらかです。
赤坂製麺所
中に入ると、おばちゃんが中にいて、注文は?と聞いてきました。
独特の話し方で、おもしろいおばちゃんでした。最初はキャラに圧倒されました。
 
すごい素朴な店で、かけうどんとしょうゆの2種類しかありません。
しょうゆを注文しました。
 
うどんは1玉150円。しょう油を1周り半かけます。
「これあんたの分」といって、工作バサミと3分の1ぐらいのねぎを渡されます。
そう、自分でねぎをチョキチョキを切るのです!
UNI_0648_400.jpg
シンプルすぎます。ねぎはうまく切れませんでした。
ディープなうどん屋です。満足。
 
最後におばあちゃんと一緒に写真をとりました。
後で知りましたが、「讃岐うどん遍路」の紹介文には、「奥さんは大の写真好きで、お客さんに手製の冠をかぶせて写すことを楽しみにしているとか」と書かれてあります。
 
確かにG先輩が冠をかぶされてました。僕はなぜか腕に抱きつかれました。
 
おばあちゃんが親切で心温まるうどん屋です。
帰り際は、見送ってもらいました。 
 
3月8日のニッポン旅×旅ショーに赤坂製麺所が紹介されます!
 
この赤坂製麺所は、ことでんの陶駅からすぐなので、電車でも行きやすい場所にあります。
高松と琴平の中間です。金比羅に行く際、途中下車してでも行く価値はありますよ!


次はあの山越に行ってきました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

香川讃岐うどん巡り 山越うどん

3軒目はとても有名なうどん屋、「山越うどん」に行きました。
日本一とも言われるそうです。 映画UDONにも登場しました。
 
赤坂製麺所から、峠を越えてすこし行くとあります。距離は近いです。
僕たちは自転車で行ったので関係ないですが、山越には駐車場もたくさんあるので車でも行きやすそうです。
 
昼時でしたが、平日なので行列もわずか。
休日は下の写真では収まらないくらいの行列もできるそうです。
UNI_0658_400.jpg
 
「釜上げ卵山かけうどん」、通称かまたまやまが人気です。かまたまやまを注文しました。
UNI_0651_400.jpg
 
山越は、店の中は他のセルフの店とは違って、店員が多く、10人近い店員がいます。
そしておばちゃんがものすごい勢いで注文をさばいていきます。
かまたまやま
 
かまたまやまです。ゲソ天は追加しました。
特製のタレをかけます。
UNI_0656_400.jpg
 
なんとも言えない食感でとてもおいしいかった☆
 
最近、改築され日本庭園などが作られたそうです。
写真の奥に見えるのが店です。外観はふつうの家ですね。
UNI_0654_400.jpg
 
梅の花も咲いていました。
 
UNI_0653_400.jpg
 
お土産も人気のようです。
ソフトクリームも売ってますが、これもセルフ!
UNI_0655_400.jpg
 
このような石でできた机もあります。
UNI_0657_400.jpg
日本庭園がある、こういう凝ったうどん屋はあんまりないんじゃないでしょうか。
混んでるときに行くと、なんでもない田舎の風景に突然行列が現れるので驚くと思います。
 
国道からもそれているので、神戸や大阪ナンバーの車を追いかけていけば山越にたどり着く、なんてこともあるかも。
 
次は、山越うどんからすぐ近くの池内に行きました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 12:56| Comment(8) | TrackBack(1) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

香川讃岐うどん巡り 池内うどん

山越うどんの次は池内うどんに行きました。
 
池内うどんは四国新聞社の讃岐うどん遍路には書かれていませんでした。
でもA先輩のうどんブックには載っていたし、山越うどんから1.5キロほどで近かったので行きました。
 
どうみても普通の家。
 
看板も、「うどん」は大きく書かれているんですが、「池内」は小さな字なので見つけにくい。
実際に、山越に行くとき自転車で前を通ったにもかかわらず、4人全員が気づきませんでした。
 
時速30キロぐらいで走ってたので無理もないかも。
それほどまでに儲ける気がなさそうな店です。
池内うどん
 
入ろうと玄関を開けたら、裏にまわってくださいと言われました。
 上の写真の左側の細い通路を通って裏に行きます。
 
軒下の狭いスペースで4人座れる机があります。あとベンチと。
シンプルなうどんです。150円。どうやら以前は100円だったけど、最近50円値上げされたようです。
池内うどん
 
池を見ながらいただきます。
池には鯉がいます。池にうどんが少し捨ててあったので、たぶんうどんがえさなんでしょう。
UNI_0660_400.jpg
 
この池内うどんにはそばもあって、うどんとそばが半々で一緒の丼で食べる通称アベックというものがあります。めずらしい。
 
ほんとにシンプルなうどん屋でした。
店を出た後、店の前で日向ぼっこしていたら池内うどんのおばちゃんが話しかけてくれました。
 
心温まるうどん屋でした。
posted by ねう at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

香川讃岐うどん巡り ニューレオマワールド

赤坂製麺所、山越うどん、池内うどんと3軒連続して行ったのでさすがにお腹がいっぱいになりました。
まだ時間も早いので、ニューレオマワールドに行くことになりました。
 
途中見えた山。たぶん讃岐富士。
快晴で気持ちよかった。
UNI_0663_400.jpg
 
レオマワールドは坂の上にあるので自転車で行くのはちょっとしんどかった
この旅一番の坂でした。 
 
入園料と合わせて1750円でジェットコースターとゴーカートに乗りました。
高いところにあるので、ジェットコースターから見る景色はなかなかよかったです。
 
ゴーカートはスリルのかけらもなく、つまらなかった…。
UNI_0664_400.jpg
平日なのもあってほとんど人はいない。閑散としています。
 
UDON展というのをやっていました。
映画「UDON」のセットや小西真奈美のサインとかが展示してありました。
UNI_0666_400.jpg
 
お土産売り場も充実していて、ワインやらうどんやらいろいろありました。
香川限定キティ
香川限定キティがあったので、買ってきました。
当然のことながら、讃岐うどんバージョンです。
 
小豆島のご当地キティはオリーブで、愛媛はポンジュースだったのが印象的。
 
この後、宿のある琴平を目指しました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

香川讃岐うどん巡り 水車うどん

ニューレオマワールドを後にし、琴平を目指しました。
といっても近いので1時間もかからずについてしまいました。
 
琴平の、「琴平パークホテル」に宿泊しました。
2人部屋で一人3900円、さらに朝食のバイキングは無料となかなかいいところでした。
 
ロビーにおいてあるパソコンはインターネットが無料で使えるので便利です。
お風呂が8階にあって、ガラス張りで街が一望できるものステキでした。
琴平パークホテル
 
夕食も、もちろんうどんです。
琴平パークホテルから1.5キロほど離れた「水車うどん」に行きました。
水車うどん
 
讃岐うどん屋にはめずらしく、自動ドア。店内もきれいです。
ここの名物はなんといっても肉うどん。
UNI_0668_400.jpg
看板にも書いてあります。
840円と讃岐うどんにしてはかなり高い部類に入ります。
 
しかし。肉は和牛を使っていて、小麦も大半の讃岐うどん屋がオーストラリア産を使っているのに対し、香川県内の契約農家から仕入れた県内産と素材にこだわっているます。
肉もたくさん入っているし、仕方ない。
肉うどん
だしも肉のうまみが出て、美味しいですよ。
 
夜は4人で楽しくお酒を飲みました。
こうして香川讃岐うどん旅行の初日が終わりました。
 
かなり栄養の偏った一日でした。
posted by ねう at 00:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

香川讃岐うどん巡り なかむらうどん

2日目は、朝ご飯は軽くホテルのバイキングで済ませ、あの、ネギを自分で取ってきて切ることで有名な「なかむらうどん」に向かいました。
 
映画「UDON」にも登場しているうどん屋です。
 
琴平からは近いので、自転車で1時間もかからずに10時半ごろに着きました。
土曜ということもあって、駐車場は常にいっぱい。
行列もできていました。
UNI_0681_400.jpg
店内は狭くて、大混雑。
 
ネギはきざまれていたのがボールにたくさん用意されていました。
どうやら、ネギを自分でとってくるのは、なかむらが有名になる前の話のようです。
 
この店セルフはセルフですが、ほかのセルフよりすごく、いわばスーパーセルフ。
まず注文すると、おばちゃんが麺を丼に入れて渡してくれます。
「温めて」と言いながら。
 
釜のお湯につけて自分で麺を温めます。
そしてだしもポットでかけます。
ネギとか生姜をかけて出来上がり。
 
店内がかなり混雑してるので動くのが大変でした。
ヤンマーの大きなリュックが邪魔になってました。
できるだけ荷物は少なくして入店しましょう。
中村うどん
 
シンプルなかけうどんで美味しかった☆ゲソ天も大きいし。
 
UNI_0682_400.jpg
 
ここで食べます。
なかむらうどんは讃岐富士のすぐ近くです。
UNI_0683_400.jpg
 
閉まっているときは、まずうどん屋とは気づきません。
看板もないし。
UNI_0677_400.jpg
 
うどん屋の隣には自宅があります。駐車場はいっぱいでした。
これがあの有名なネギ畑か??
UNI_0676_400.jpg
 
犬が飼われています。トイレに行くときは必ず犬の前を通らなくてはなりません。
小さい子にはほえていました。
UNI_0679_400.jpg
なかむらうどん、楽天に出店していてネットでお土産が買えます。
楽天「なかむらうどん」
 
なかむらうどんの営業時間は9時から2時ですが、2時になる前に売り切れて閉店してしまうことが多いようです。早めに行きましょう。
 
なかむらうどんの次は、やましたうどんに行ってきました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

香川讃岐うどん巡り 山下うどん

なかむらうどんの後は、山下うどんに向かいました。
 
なかむらうどんからはすこし遠いです。
途中ちょっとした峠があります。
お腹を減らすのにはちょうどいい距離です。
 
山下うどんは高松市の端っこにあるので、もうここまで来れば残りもわずか。
山下うどん
見た目どおりちょっと古い店ですが、ちゃんと建物の中に机と椅子があって食べられます。
 
ざるうどん(冷)を注文しました。
UNI_0684_400.jpg
とにかくコシが強い!とても美味しかった。
大阪ではとても味わうことができないであろうコシでした。 
 
ちなみにうずらの卵はうまく割れませんでした。
 
去年香川に来たときによく見たポスター↓
2006年によく見たポスター
今回は山下うどんでしか見れませんでした。
 
山下うどんの次は、桃太郎館に行きました。
桃太郎館はもちろんうどん屋です。
posted by ねう at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

香川讃岐うどん巡り 桃太郎館

山下うどんの次は、桃太郎館に行きました。
A先輩がかたくなに先頭を走るのを嫌がり(疲れるから…)、G先輩も先頭を走りすぎていたので僕が先頭を走りました。
自転車は、前の自転車を風除けに使える2番目以降と比べ、先頭の人は空気抵抗をもろに受けるので少ししんどいのです。
28キロぐらいのペースで快調に走りました。ところが、振り返ると後ろに誰もついて来ません。
どうやら500メートルほど一人で走っていたようです(笑)
 
その原因は、2番目を走っていたヤンマーが転倒したため。
ドリンクホルダーからペットボトルが落ち、その時なぜか知らないけどこけたようです。
初日の追突に続き、2日連続で事故るとは…。危険な男です。
体、自転車とも異常なしのようでよかった。
 
桃太郎館はちょっと道から奥まっているので、先頭の僕と2番手のA先輩は気づかず通り過ぎてました。
桃太郎館
セルフではありません。ちゃんとお冷も出してくれます。
だけど値段は良心的。
 
月見うどんを注文しました。
塩味の効いたダシでした。とにかくだしは他と明らかに違ってました。
UNI_0688_400.jpg
なんとかまぼこがのっています!今回の自転車旅行でまわった9軒のうち、「かまぼこ」と「わかめ」がのっているのはここだけじゃないでしょうか。
 
A先輩とG先輩が食べたカレーうどんも美味しそうでした。
もう桃太郎館から高松港は近い!桃太郎館を後にし
僕たちはこの旅行最後のうどん屋になるであろう、讃岐うどん屋の中でも特に有名らしい松家製麺所を目指しました。
posted by ねう at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

香川讃岐うどん巡り さくらや

桃太郎館に行ったあと、高松市の栗林駅の近くの松屋製麺所を目指しました。
ところが全然見つかりません。「このブロックにあるはずなんだけど…」
 
みんなで探しても結局見つかりませんでした。
後でわかりましたが、どうやら松屋製麺所の前を通ってたようです。
 
しかし、売り切れで店が閉まっていたため、気づかなかったみたい。
のれんがなかったから、どうみても普通の家だったので気づきませんでした。
 
十時開店で営業時間は売り切れ次第。僕たちが行ったのは、2時すぎだったので、もう売り切れていたのでしょう。土曜だったし。
 
仕方ないのですぐ近くの「さくらや」に行きました。
外観はこんな感じです。
さくら家
店のおばちゃんも認めていたように、少し汚い。
 
最初肉うどんを注文したんですが、売り切れてました。ぶっかけを注文しました。
UNI_0694_400.jpg
 
ちくわがデカイ!
さくら家のぶっかけうどん
 
この店のオリジナルメニューで人気のシソうどんをA先輩が注文しました。
開発に1年ぐらいかかったそうです。
麺にシソ粉とシソ液を加えてもコシがでるようにするのが難しかったみたいです。
しそうどん
さくらやのおばちゃん、すごく元気でしゃべり好きでした。
行ったのが閉店時間に近かったため店には僕たち4人しかいなくていろいろ話を聞けました。
 
自転車でいろいろ讃岐うどん屋をまわって来たことを話すと、
「あのうどん屋は行ったんか?」とか聞かれ、特に池上うどんに関して移転の経緯を教えてくれました。
 
また、よくうどん屋においてあるお土産のうどんの麺は、同じ製麺所が機械で作っているのを、いろんなうどん屋の名前を書いて売っていることを教えてくれました。
池上うどんのお土産は、池上のおばあちゃんの写真が貼ってあるだけで他のよりもたくさん売れるそうです。
 
あと、さくらやでは、足でこねることからやっていて、機械を導入していないそうです。
今は機械を導入しているところが多いんだとか。おばちゃんの話からもうどんに対するこだわりが伝わってきました。
 
 
「釜あげ」をサービスしてくれました☆
UNI_0695_400.jpg
さすがにお腹がいっぱいになりました。心温まるうどん屋でした。
 
ようやく2日間、9軒をまわるうどん巡りも終わりました。帰りもフェリーです。
posted by ねう at 16:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

香川讃岐うどん巡り 帰還

たくさんうどんを食べたこの自転車旅行も終盤になり、大阪に帰ることになりました。
 
帰りもジャンボフェリーです。3時半に高松発のフェリーに乗りました。
もちろん帰りも輪行します。
神戸に着くのは7時過ぎ。
フェリーから見た夕日
夕日が見れました♪雲が多かったんですが、見れてよかった。
 
フェリーの中ではカードゲームをしました。
4人いたから3時間40分の船旅もいいですが、一人旅なら相当きつそうです。
神戸に着いたときは真っ暗でした。
 
2号線を通って帰りましたが、路駐が多すぎる。
全部取り締まって罰金取ればいいのに!
 
なにはともあれ、2時間ほどで無事に大阪に帰ってくることができました。
 
香川はほんとにすばらしいところでした。
香川全体がうどんテーマパークというのはなかなかいい表現だと思います。
 
もちろん大通りに面している、セルフじゃない普通の店もありますが、
看板もなく、普通の家みたいな外観の店がたくさんあります。
そういう店に行くときはたいてい迷います。
店の前を通っても、気づかず通り過ぎることもあります。
 
そうしてして苦労して、たどり着いたうどん屋で食べられるコシのある讃岐うどん。
そしてフレンドリーなおばちゃんとのふれあい。
そういったのが讃岐うどんの魅力です。
 
1泊2日の旅行ですがこんなに長くなってしまいました。
次は琵琶湖一周をしてきたのでその記録を書きます。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ

posted by ねう at 01:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

香川讃岐うどん巡り お土産

香川の讃岐うどんは、とても安いので儲けはあんまり出てないそうです。
ですが、お土産はけっこう高価で、お土産で利益を出すという面が少なからずあるようです。
有名なうどん屋の場合、だいたいの店にはお土産コーナーがあり、麺や生醤油を売っています。
お土産は、そのうどん屋とは違う会社が工場で作っている場合もあるようです。
今回行った「さくらや」のおばちゃんは、「同じ麺なのに有名な数種類の違ううどん屋の名前を書いて売られている」といってました。ほんとうかどうかはわかりませんが十分ありえる話です。
僕がこれまで行ったうどん屋をいろいろ探してみたところ、
まず池上、
池上「しょうゆうどん(ちくわ天付き)」(2食分) 630円 「恐るべき冷凍讃岐うどん店
池上製麺所”るみばぁちゃん”のおうどん6食入り  2100円 「アロー健康堂
池上製麺所 るみばあちゃんのさぬきうどん 3500円 オーケーフルーツ
楽天だけでこんなに見つかりました。池上は超有名なのでいろんな会社がお土産を製造しています。
「中村」と「かな泉」はショップをもってます。なかむらうどん うどんの庄かな泉
お土産のうどんの味ですが、前に僕が買ったものはけっこう美味しかったです。
ホテルのお土産コーナーで買ったもので「讃岐うどん」とだけ書いてありました。
スーパーで売ってる1玉50円のうどんとはだいぶ違いました。 
ですが、やっぱり店に行って食べるほうが美味しい。
ネットのうどん屋には「並ばずに気軽に名店の味が楽しめる」なんて書いてあるところもありますが、お土産のうどんと、その店で実際に食べるうどんが同じものかというと、そうとは限らないと思います。
実際に香川に行くのが一番です。
posted by ねう at 12:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 香川讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。