2007年02月17日

帰省(2月16日)〜前編〜

実家に自転車で帰省しました。
実家は京都府綾部市。人口4万人ほどの田舎町です。
 
これまで3回ぐらい帰ってるんですが、今回はあたらしいルートで行きます。
これまでは、箕面から京都方面に国道171号を行き、長岡京のあたりで国道9号に入ってそのまま北上したのと、池田のほうに行き、国道173(別名:綾部街道)を北上するルートでした。
 
今回は、箕面(茨木)からそのまま北上し、亀岡に抜けるルートで行きました。
これまでのふたつのルートより、距離が短くなり、85キロ程度の道のりです。
 
ルートを見る。
 
快晴でした。モノレール沿いをしばらく北上。まだ開通前ですけど。
もうすぐ彩都駅ができます。左にちょこっと写っているのが彩都のマンション。
 
モノレール
 
このままモノレール沿いをまっすぐ行きたかったけど、工事中で通行止めでした。
左に行かなくちゃいけないのに、右に曲がってしまったため、彩都に迷い込みました。
 
彩都はニュータウンとして整備されていることもあり、新しい建物ばかりできれいな街でした。
ただ、坂が多すぎる。クロスバイクでもしんどかった。こんな坂ばかりの街、どうかとおもう。
 
結局20分ぐらい迷って、写真の場所まで戻りました。無駄な体力を消費しました。
 
再び走り出すと、すぐに田舎の風景となりました。大阪とは思えない風景。
 
茨木の山中
 
こんな感じで、ゆるやかな坂がひたすら続きました。
北風が強く、苦しい。ゆっくり登り続けました。
 
UNI_0567_800.jpg
 
写真中央あたりからゆるやかに上ってます。ちいさな棚田がたくさんあります。
ここら辺で、府道43号と、大阪から亀岡にぬける国道473につながる市道に分岐します。
 
府道43を進みましたが、分岐したとたんに道が一車線になり、交通量も激減しました。
普通は国道に抜ける道を行くようです。理由は進むとわかりました。
 
UNI_0568_800.jpg
 
きじ肉やさんがありました。
 
なにもない道が続きます。
 
UNI_0569_800.jpg
 
信じられるのは府道43と書かれた標識のみ。
 
県境に近づくにつれ、道幅がさらに減少。こんなのになってしまいました。
右側は崖です。
 
UNI_0570_800.jpg
 
まさに森のトンネルです。
 
森のトンネルからすこし行くとあっけなく京都府亀岡市に入りました。京都府になったとたん二車線に。
 
UNI_0572_800.jpg
 
清阪峠というらしいです。 標高280メートル。
峠と言っても、茨木から10キロぐらい緩やかに上り続けるのでそんなにしんどくはないです。
 
ただ風が強かったので、結構体力を消費しました。

京都府に入ったものの、まだ綾部まで60キロもあります。
 
後編へ続く 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ


 

posted by ねう at 18:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

帰省(2月16日)〜後編〜

向かい風に苦しみながらなんとか京都府亀岡市に到着。
亀岡市は、有名な保津川くだりの出発点であり、トロッコ列車にも乗れます。
 
国道9号線に入り、そのまま北上します。
ここから先は06年夏に島根の松江に行ったときに通ってるので安心です。
 
亀岡の中心部は国道沿いにいろいろ店がありますが、だんだんと田舎の風景に変わって行きます。
一本道なのでまず迷う事はありません。
 
亀岡から15キロぐらい進むと9号線には、観音峠という峠があるんですが、そのちょうど登り口にあるコンビニで休憩です。
 
 
UNI_0573_800.jpg
 
よくこんな田舎にコンビニを作ったな、というのが正直な感想。
でも休憩するために峠越えの前には立ち寄ったほうがいいです。
 
峠を4分の3ぐらい登ったところからの景色。写真中央の道からのぼってきました。
UNI_0574_800.jpg
 
なかなかいい景色です。
観音峠は傾斜もそんなにきつくなく、2キロぐらいなので案外楽に越えられます。
 
UNI_0575_800.jpg
 
頂上はトンネルになってます。
 峠を越えてしばらくいくと高速のインターがあり、その近くに道の駅があります。
 
UNI_0577_800.jpg
 
「マーケス」という道の駅です。道の駅というと、地元の特産品とか、農家が作った野菜とか売られているイメージですが、このマーケスはそのイメージと大きく異なります。
 
マーケスにあるもの、それは「マクドナルド、不二家、スーパー、本屋、花屋、ホームセンター」そして小さな土産屋
 
UNI_0576_800.jpg
 
道の駅にマクドナルドとか不二家とかスーパーって明らかにおかしい!このマーケス、実態はただの田舎のショッピングセンター。「道の駅」というのにだまされる人がたくさんいるはず。こんなの許されない!
 
実は、マーケスの1キロほど先の「国道9号と国道27号の分岐点」に道の駅とは名乗っていないものの、丹波丹後の土産物をたくさん扱っている道の駅みたいなところがあります。
 
マーケスはスルーしてそちらに行く事を強く勧めます。
 
国道9号から国道27に入ります。由良川沿いの道で景色はいいです。
途中、京丹波町の和知で国道27号からそれて川沿いを行く道を通ると、車がほとんど通らないし、坂がないので快適です。下の写真。
 
UNI_0578_800.jpg
 
とにかく27号線をまっすぐ行くと綾部に着きます。でも国道27号は道幅が狭く、ダンプが結構通るので夜走るのは危険です。街灯もあんまりないし。昼間走るのがいいです。
 
出発から5時間半。ついに着きました。ほんとはもっと早く着く予定だったのに。
北風が強く、かなりの体力を消耗しました。スピードもいつもの8割ぐらいしかでなかった。
 
2人以上で走れば、1人が風除けになってくれるのでまだ楽なんですが、一人はつらい。
やはりいつも先頭で引っ張ってくれるG先輩が必要です(笑)
 
教訓としては、冬に北に向かうのはやめたほうがいいということ。
理由は、北風が吹くので向かい風をうける。そして天候が崩れやすい。
 
今回は風だけでしたが、もし雨がふったり、道路が凍ったりしてたら最悪でした。
 
帰りは車で途中まで送ってもらうのでこれで終わりですが、できれば綾部の名所も紹介したいと思います。それでは。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ


 

posted by ねう at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

帰省(2月16日)〜延長編〜

帰りは車で送ってもらう予定でしたが、諸事情あって帰りも自転車になりました。
 
綾部駅です。
綾部駅
駅前は特になにもない。合気道発祥の地であることをアピールしてる看板がありました。
 
綾部のマスコット 「まゆピー」
UNI_0586_800.jpg
市町村境にある看板は凝ってます。
 
お隣の京丹波町の看板も、丹波の栗、マツタケをアピール。
UNI_0585_800.jpg
 
27号線からみた由良川。
 
UNI_0587_800.jpg
なかなかキレイな景色。
 
ルートは綾部から亀岡までは行きとおなじルートを通りました。
亀岡から茨木までは行きと少し違う道を行きました。
 
ルートを見る。
 
京都と大阪の境の手前で、行くときに通った府道43と、府道46に分岐したので、今回は46のほうにいってみました。
 
府道46はちゃんと2車線でしたが、県境のあたりに大規模な採石場があり、砂ぼこりはすごいし、ダンプがいっぱい通るので道が傷んでいて、道路はガタガタでした。
 
府道46は、もう走りたくない。自転車で行くのはやめといたほうがいいです。
 
自転車もこんなによごれてしまいました。
UNI_0590_800.jpg
 せっかく洗ったのに…
 
自転車は汚れてしまいましたが、綾部駅から約86キロ、四時間二十分で到着しました。

 

投票お願いします!人気blogランキングへ
大学生の自転車旅行記トップページ


 

posted by ねう at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

帰省(京都府綾部市)4月28日 前編

ゴールデンウィークはなんと4月28日から5月6日まで9連休でした。
 
4月28日に自転車で帰省しました!もう5回目くらいです。
 
 
出発は朝の5時すぎ。 
でもこの時期だとけっこう明るいです。車が少ないのがいいです。
 
今回は、大阪府池田から国道173号線(通称綾部街道)を通って帰りました。
 
ルートを見る。
 
途中にある一庫ダムでキレイな朝日がみれました。
一庫ダムから見た朝日
 
国道173は、大阪府池田市から京都府綾部市までの区間ですが、ずっと山の中を走り続ける国道です。
一庫ダムをすぎると、かなりのどかな風景が広がります。
 
1時間ほどこぐと、能勢の道の駅に到着しました。ここで少し休憩しました。
能勢の道の駅ではしっかり休憩しておいたほうがいいです。なぜならこの先には恐ろしい峠があるから。 
 
国道173号は大阪北部から京都府北部を直線的に結んでいて距離が短く、信号もほとんどなく、峠も直線的な道が多いため、車はかなりスピードを出して走れ、短時間で移動できます。
 
しかし高低差が激しく、自転車にとっては苦しい道です。
その中でも大阪府と兵庫県の県境の天王峠(てんのうとうげ)は一番の難所です。
 
能勢の道の駅から5キロほど走ると下の写真のように、山の中に赤い橋が見えます。
この橋は、谷にかけてある橋です。
 
峠の反対側ではもっと高いところに橋がかかっています。
下の写真の橋は、まだ峠の中間地点ぐらいです。
 
UNI_0921_400.jpg
 
天王峠はその高低差の激しさにもかかわらず、直線的な道が多いのが特徴。
ぐにゃぐにゃしてるのとどっちが精神的に楽かはわかりませんが、下りはかなりスピードがでます。
 
↓天王峠の直線的な道
UNI_0922_400.jpg
 
本格的な登りが5キロ近く続きます。
 
無理せずゆっくり上りました。鳥の鳴き声が聞こえてきて、車もあんまり通らないので快適でした。
意外とあっさり登ることができました。
posted by ねう at 21:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

帰省(京都府綾部市)4月28日 後編

天王峠をのぼりきると、トンネルがあります。
 
すぐに下るのかと思いきや、1キロ以上なだらかなくだりが続き、民家や田んぼがあります。

小学校もあるみたいです。
 
天王峠のように、登った後すぐに下らない峠は珍しいそうです。
それにしても、天王峠をのぼりきったところに住んでいる人はさすがに大変そうです。両側5キロぐらいの峠ですから。雪が降ったらどうするんだろうか?標高が500mぐらいあるみたいなので夏は涼しそうです。
 
民家や田んぼがあるところをすぎると、またトンネルが続き、くだりはじめます。
頂上からすぐのところにある、「谷にかかっている橋」からは、けっこういい景色が見れます!
 
なんたって高い!逆に兵庫県側から登るとき、下から見ると、恐ろしいほどの高さに橋が架かっているのが見れますよ。
 
兵庫県側も直線的な道で、スピードがでます。下りはあっという間です。途中大きなS字カーブがあるので注意です。
 
 
天王峠を下った後は、平坦な田舎道が続きます。「かやぶき」の家も国道173号線沿いに立ってます。
たぶん車じゃ気づかないです。ちょっとわかりにくい。
 
10キロぐらい走ると、国道9号と交わります。
この前は、国道9号に入って、由良川沿いの高低差が少ない国道27号を通って帰ったんですが、今回は最後まで173号で帰りました。この先はまた峠です。
 
まっすぐ行くとさらに山の風景に。途中村人に「かっこいいなぁ」とほめてもらえました。
ヘルメットのおかげです。
 
峠が2つありましたが、ちょっと登るとだいぶ下る峠で楽勝でした。
 
綾部の標高は数十メートルですが、天王峠をくだってもまだ標高が300メートルぐらいあるので、当然といえば当然です。平均的に見ると下ってるのです。
 
そして、出発から3時間50分、走行距離は75キロ、ついに綾部に到着。
こんなに早く帰れたのは初めてです。
 
電車で帰っても鈍行なら3時間ぐらいかかるのに。
交通費が2000円も浮きました。 
 
ちなみに、帰りは車で送ってもらいました(笑)無駄走りはしない主義なので。

posted by ねう at 15:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

帰省6月15日

6月15日(金)、実家に帰ってきました。

梅雨入りしたばかりだったので、雨が心配でしたが、天気予報では降らないとなっていたので自転車で帰りました。

ルートは茨木から山を越えて亀岡にいくルートです。

ルートを見る。

2時前に出発しました。

北風が強くて、つらかった。
3時間半で65キロを走破し(休憩いれて)、京丹波町の道の駅の和「なごみ」に到着しました。

ツーリングノートというのがおいてあって、自由に書き込めるようになっていました。

道の駅 和

自転車で旅している人の書き込みもあったので、紹介しておきます。
下の三枚の写真です。
UNI_1117_512.jpg

UNI_1118_512.jpg

UNI_1119_512.jpg

結局疲れたので、和まで車で迎えに来てもらいました。あと30キロでしたが、目的は自転車をこぐことではなく、ただで帰省することですから。

実家では、蛍を見てきました。実家のまわりには蛍がいます。

川まで行くと、たくさんの蛍を見ることができました。
箕面川の10倍はいましたね。視界のなかで同時に100匹ぐらい光ってたんじゃないでしょうか。いっぱい飛んでいました。

10匹ぐらい蛍を捕まえました(笑)動画を撮ったので蛍の光をお楽しみください。あまり期待はしないほうがいいですけど。



ラベル:自転車 綾部
posted by ねう at 22:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

帰省08年3月8日

3月8日に自転車で実家に帰省しました。

今回は、茨木から峠を越えて亀岡に行ってそこから国道9号線で北上して、国道173号線を通って綾部にいくルートです。

ルートは全部1度は通ったことがある道ですが、この組み合わせは初めてです。

距離が最短(80キロ)なことと、峠が4つもあるのが特徴です。

ルートを今回は貼り付けてみました。ブラウザによってはフリーズしたりするかもしれません。



撮った写真を消してしまったので、以前撮った写真をつなげます。

10時20分ごろに茨木を出発。標高は50mほどです。
いつものようにジーパンにトレーナーという格好で走ります。危ないのでヘルメットと手袋はしてますけど。

まず清阪峠(280m)という京都府と大阪府の県境の峠を越えます。
ずっと登り坂でだらだらと登り続けるのでそんなにしんどくはないです。

頂上まで出発から十数キロです。

県道なので道もちゃんと整備されていなくて、最後の1キロぐらいは林道のような道になります。
mori_400.jpg

その後しばらくは下らずに、亀岡の中心部に近づいてから一気にくだります。

細かいアップダウンも多く、微妙に北風も吹いていたのでスピードがでませんでした。

最近あんまり乗っていなかったせいかな…

土曜日だったので、自転車で走っている人を5人ほど見ました。みんなユニフォームを着たロードレーサーでした。

小径のロードレーサーにのっているおっちゃんに道を教えました。

ちょうど12時ぐらいに亀岡に到着しました。出発から30キロちょっとです。

ガレリア亀岡というやたら立派な道の駅があったので、そこでご飯を食べようと思ったんですが、おしゃれなので一人で入りにくかったのでやめておきました。

亀岡から北上していくと、南丹市と京丹波町の境に観音峠(約250m)があります。

観音峠はまずまずの峠です。百メートルちょっと登れば超えられます。

いつものように峠の下にあるコンビニで休憩しました。
tougesita_400.jpg
客が少なそうなところにあるので、いつもつぶれていないかと心配しているんですが、まだありました。

ここでサンドウィッチとおにぎりを食べました。

↓観音峠の途中から見た景色
kannon_400.jpg

頂上付近には雪も残っていました。

観音峠を下った後、そのまま9号線を直進しました。

この頃になると、だいぶスピードに乗って走れるようになってきました。

途中の交差点で173号線に入ります。綾部まであと20キロです。

次は榎峠(320m)です。

この峠はだらだら登り続ける感じで、ほとんど峠って意識しなくても超えられます。

頂上付近に京都府内唯一の鍾乳洞があります。あんまり大したことないですけども。

標高が高いので雪がけっこう残っていました。

登りは緩やかですが、下りは傾斜がきつくて、一気に200mぐらい下ります。カーブも多い。

榎峠からの長い坂を下った後に、またすぐに峠があります。

質山峠(240m)です。

100mほど登らなくてはいけません。とにかく傾斜がきついのでしんどいです。これまでの疲れもあるし。

この峠を越えて、高低差約200mを一気に下ります。傾斜がきついのでかなりスピードも出ます。

こうして登ったり下ったりして、走ること80キロ、ようやく綾部駅に到着しました。

ayabeeki_400.jpg

時間は4時間20分でした。だんたん短縮されてきました。

スピードはそんなに上がってないけど、あまり休憩せずに走れるようになった気がします。

でも、今回は久しぶりに長い距離を走ったし、峠が多かったので、足の筋肉がけっこう張りました。

特におしりと足の付け根のあたりが。翌日はおしりが少し大きくなったような感覚でした。


ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ 
ラベル:自転車 旅行
posted by ねう at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

綾部市上林(かんばやし)のほたるまつり

ひさしぶりの更新です。

もうすぐ6月ですね!6月といえば蛍の季節。

このブログにも「蛍 大阪」、「蛍 箕面」などと検索してやってくる人が多くなってきました。

過去の日記、蛍を見に箕面駅&箕面公園に行ってきました蛍を見に大阪府茨木市の「西河原公園」に行ってきました。はgoogleでやたらヒットするようです。


しかし、京都府北部の田舎で育った私から言わせてもらえば、箕面駅も西河原公園もしょぼい。

私の実家では、まっくらな闇の中を数え切れないくらい蛍が乱舞します。わざわざ京都市から父の知人が見にくるほどです。

これに対し、箕面も西河原公園も、がんばって探して蛍がやっと見つかるような状態です。


迫力がぜんぜん違うわけです。


蛍の乱舞を見たい方のために、私の故郷の京都府綾部市のほたるイベントをご紹介します。

その名も「ほたるまつり」

2008年は6月14日(土)に開催されます。参考 綾部市HP

詳しくは、ほたるまつりをご覧ください。

実を言うと、私も行ったことはないです笑。実家の近くで十分な蛍が見れるので。

ですが、開催地は僕の実家と同じかそれ以上に田舎なところなので、蛍がたくさん見れるはず。

開催地は綾部市八津合町です。クリックするとgoogleマップに飛びます。

航空写真を見てください。とんでもない山奥ということがわかると思います。

最寄駅から10キロ以上離れていて、他にまともな交通手段もないので車で行ってください。

高速道路を使えば、大阪北部からだと、2時間ちょっとでいけると思います。

もちろん、自転車で来てもらってもおっけーです。

箕面の蛍を見に行くくらいなら、思い切って綾部まで行ってみてください。


最後に。
この日記を見て、実際にほたるまつりに行った方のコメント待ってます。

↓↓よければクリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ねう at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

帰省京都府綾部市 9月13日

9月13日に自転車で帰省しました。

今回は、40キロくらい自転車で走って、その後輪行しました。

まずは空気を入れに自転車あさひという自転車屋へ。

自動で空気が入ります。楽々です。

UNI_0324_400.jpg

入れすぎに注意です。

あと、自転車につけておいた空気入れが気づいたらなくなっていたので、買っておきました。

盗まれたのか?

大阪府の茨木市の彩都から、山道へ。

UNI_0325_400.jpg

ずっとこんな道が亀岡まで続きます。

忍頂寺って有名なんでしょうか??
.


このあたりはよく自転車のおっちゃんがいます。
UNI_0327_400.jpg

緑が多くて気持ちいいし、車も少ないですからね。


何回か、下の写真のように車じゃ厳しい道になります。

UNI_0328_400.jpg


山と田んぼばかりののどかな風景です。
UNI_0329_400.jpg


直売所もありました。
UNI_0330_400.jpg


山を抜けて亀岡に。その後国道9号を北上して南丹市の園部駅まで行きました。

だいたいここまで40キロ、時間は2時間ちょっとでした。

↓園部駅
UNI_0331_400.jpg


ここで輪行しました。
僕の自転車には、荷台とスタンドがあるので少し大きめの輪行袋を使います。

UNI_0332_400.jpg

前後輪を外して20分くらいで完成!

UNI_0333_400.jpg


実家のある綾部まで電車にゆられて1時間くらいで到着しました。


けっこう久しぶりに乗って、体力の衰えが少し心配でしたが、まあ大丈夫でした。

9月18日から和歌山に自転車で行くので、いいトレーニングになりました。
posted by ねう at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

帰省 

ロードレーサーを買ってから1週間くらいして、実家まで自転車で帰りました。

距離はだいたい100キロくらいです。

ルートは下のような感じです。



写真を中心に紹介します。

↓大阪府茨木市の山中
IMG_0150_.jpg

↓大阪府と京都府の境付近の細い県道
IMG_0151_.jpg

↓京都府南丹市を流れる川
IMG_0152_.jpg

↓観音峠山頂
IMG_0154_.jpg


↓国道173号の綾部市の直前の質山峠山頂
IMG_0156_.jpg


久しぶりに自転車で長距離を走ったのでしんどかったです。

でも荷物が軽かったのと、今回はロードレーサーなのでだいぶ楽でした。

ロードレーサーはクロスバイクと比べて、特に坂道で楽ですね。

お昼ごはんはマクドナルドで食べました。


だいたい80キロを4時間半で走破しました。
posted by ねう at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。