2008年03月04日

勝尾寺まで行ってきました。

3月2日に勝尾寺までいってきました。

勝尾寺というのは、大阪府箕面市の山にある寺で、けっこう有名です。

少し温かくなってきたので、トレーニングもかねて行ってきました。

ルートを見る。

基本的にはずっと山です。高低差は333mもあります。
高低差を調べずに行ったので、正直こんなに高低差があるとは思ってませんでした。

2時すぎに出発しました。

勝尾寺は案内がたくさんあるので、迷わずにいけます。
UNI_0044_400.jpg

しばらく走って住宅街を抜けると、山の間を走る狭い道になります。
UNI_0045_400.jpg

走り屋のものと思われるタイヤの跡がところどころにありました。
UNI_0047_400.jpg

案内が親切で、迷うことはありませんでした。道も1本だし。
UNI_0048_400.jpg

坂道が長くて、5キロぐらい続きました。
でもそんなに傾斜はきつく見えないし、久しぶりだから体力が落ちたんじゃないかって思ってました。

でも実際は傾斜が5%以上あったみたいで、坂道としてはけっこうきつい部類です。

↓途中の道から見えた景色
UNI_0049_400.jpg

下のほうに走ってきた道が、遠くのほうに街が見えます。


↓おなじ場所のグーグル・ストリートビュー

大きな地図で見る

南のほうに遠くに街が見えます。そこからやってきました。

道は典型的な峠道です!

そしてついに勝尾寺に到着。
UNI_0051_400.jpg

↓勝尾寺(グーグル・ストリートビュー)

大きな地図で見る

40分ぐらいかかりました。
高低差が330mもあったとは…。そんなに大したことないと思って低い空気圧で、ドリンクも持たずに登ってきましたが、なめてました。

勝尾寺はけっこう立派でした。
お経がスピーカーで流されていて、驚きました。
あと、重機が庭に置いたままになっていたので、どうかと思いました。

入り口にキレイな建物が建っていて、参拝料を払ったり、お土産を買ったりします。
↓入り口にあるキレイな建物
UNI_0052_400.jpg

参拝料は400円でしたが、参拝が目的でないので、ケチって外から中の様子を伺っておきました。

その代わり、地上では120円なのに勝尾寺では150円のジュースを買いました。

勝尾寺からそのまま先に進んで、箕面の滝に行くことにしました。

坂道を下っていくと、箕面の滝がありました。
↓箕面の滝
UNI_0053_400.jpg

そのまま箕面駅のあたりまで坂をくだります。

箕面の街が一望できます。
UNI_0054_400.jpg

傾斜がかなり急です。傾斜が7%とか8%とかです。
箕面駅のほうから勝尾寺に行くのはけっこうしんどそうです。

箕面駅の近くに変なお米屋さんがありました。
UNI_0055_400.jpg

走行距離は20キロぐらいでしたが、いい運動になりました。

ブログランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

posted by ねう at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

写真集 三重自転車旅行

07年4月に学科の友達と三重に自転車で行ってきました。
そのとき撮ったキレイな写真を紹介します。

そのときの日記はこちらから。


伊勢神宮の外宮で撮った写真です。
UNI_0772_1024.jpg
拡大写真を見る。

伊勢神宮の内宮で撮った写真です。
桜が咲いています。
UNI_0792_1024.jpg
拡大写真を見る。

伊勢の二見浦にある夫婦岩です。
UNI_0803_1024.jpg
拡大写真を見る。

滋賀県甲賀市の夕焼けです。
UNI_0826_1024.jpg
拡大写真を見る。

京都市の円山公園の桜です。
UNI_0851_1024.jpg
拡大写真を見る。

三重自転車旅行の日記を読むなら、こちらから

ブログランキングに参加しています。
よければクリックお願いします。↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
posted by ねう at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

地球温暖化防止でまずやるべきは自動車のガソリン消費を減らすことでは?

地球温暖化防止のために、二酸化炭素排出量を減らさなくてはいけないといわれています。

電気をこまめに消すとか、冷蔵庫を整理するとか、スーパーのレジ袋をマイバックにしてなくすとか。

でも、そういった活動よりもまず先にやるべきであって、その効果も桁違いに大きいのが自動車の使用を控えることです。

ガソリンを1リットル燃やすと、二酸化炭素が2.3キロ排出されます。

なので自動車の燃費を10km/lとして、1時間に30km走行するとすると、

1時間自動車を使うと二酸化炭素が6.9キロも排出されます。


ここで、よく言われる二酸化炭素排出削減方法と比較して考えてみることにします。

スーパーのレジ袋削減が今さかんに言われています。
スーパーのレジ袋を1枚削減すると50g程度の二酸化炭素が削減できるようです。

1人で年間300枚ぐらいのレジ袋を使うそうなので、二酸化炭素の年間削減量は

300枚×0.05kg=15kg となります。

これは、車で2時間ちょっと走行したときに排出される量と等しいです。

1日たったの20秒車の使用を減らせばこれと等しい二酸化炭素を削減できます。


こんなわずかな削減効果のために、テレビや新聞などでキャンペーンすることは無意味です。スーパーのレジ袋削減をする前にすることはいくらでもあります。


そのまえに、自動車の代わりに自転車で移動して多くの二酸化炭素を削減している自転車乗りの人たちをもっと評価すべきです。


TVを消すなどの小さい削減がつもり積もって大きな効果をあげる可能性があることは否定しません。

しかし、一般論として、目的達成するためにはもっとも効果が大きいものを重視して集中的に取り組むのがセオリーのはずです。

こういった理由から、まずやるべきは自動車のガソリン消費の削減であると断言します。


参考サイト
かしこいクルマの使い方を考えるプロジェクト京都

参考文献
環境問題はなぜウソがまかり通るのか

まだ読んでないけど読んでみたい環境に関する本
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2

“環境問題のウソ”のウソ
↑環境問題はなぜウソが…の反論本です。

不都合な真実
↑元アメリカ副大統領ゴア氏の本

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

ブログランキングに参加しています。
よければクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
タグ:環境 自転車
posted by ねう at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 自転車と環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

帰省08年3月8日

3月8日に自転車で実家に帰省しました。

今回は、茨木から峠を越えて亀岡に行ってそこから国道9号線で北上して、国道173号線を通って綾部にいくルートです。

ルートは全部1度は通ったことがある道ですが、この組み合わせは初めてです。

距離が最短(80キロ)なことと、峠が4つもあるのが特徴です。

ルートを今回は貼り付けてみました。ブラウザによってはフリーズしたりするかもしれません。



撮った写真を消してしまったので、以前撮った写真をつなげます。

10時20分ごろに茨木を出発。標高は50mほどです。
いつものようにジーパンにトレーナーという格好で走ります。危ないのでヘルメットと手袋はしてますけど。

まず清阪峠(280m)という京都府と大阪府の県境の峠を越えます。
ずっと登り坂でだらだらと登り続けるのでそんなにしんどくはないです。

頂上まで出発から十数キロです。

県道なので道もちゃんと整備されていなくて、最後の1キロぐらいは林道のような道になります。
mori_400.jpg

その後しばらくは下らずに、亀岡の中心部に近づいてから一気にくだります。

細かいアップダウンも多く、微妙に北風も吹いていたのでスピードがでませんでした。

最近あんまり乗っていなかったせいかな…

土曜日だったので、自転車で走っている人を5人ほど見ました。みんなユニフォームを着たロードレーサーでした。

小径のロードレーサーにのっているおっちゃんに道を教えました。

ちょうど12時ぐらいに亀岡に到着しました。出発から30キロちょっとです。

ガレリア亀岡というやたら立派な道の駅があったので、そこでご飯を食べようと思ったんですが、おしゃれなので一人で入りにくかったのでやめておきました。

亀岡から北上していくと、南丹市と京丹波町の境に観音峠(約250m)があります。

観音峠はまずまずの峠です。百メートルちょっと登れば超えられます。

いつものように峠の下にあるコンビニで休憩しました。
tougesita_400.jpg
客が少なそうなところにあるので、いつもつぶれていないかと心配しているんですが、まだありました。

ここでサンドウィッチとおにぎりを食べました。

↓観音峠の途中から見た景色
kannon_400.jpg

頂上付近には雪も残っていました。

観音峠を下った後、そのまま9号線を直進しました。

この頃になると、だいぶスピードに乗って走れるようになってきました。

途中の交差点で173号線に入ります。綾部まであと20キロです。

次は榎峠(320m)です。

この峠はだらだら登り続ける感じで、ほとんど峠って意識しなくても超えられます。

頂上付近に京都府内唯一の鍾乳洞があります。あんまり大したことないですけども。

標高が高いので雪がけっこう残っていました。

登りは緩やかですが、下りは傾斜がきつくて、一気に200mぐらい下ります。カーブも多い。

榎峠からの長い坂を下った後に、またすぐに峠があります。

質山峠(240m)です。

100mほど登らなくてはいけません。とにかく傾斜がきついのでしんどいです。これまでの疲れもあるし。

この峠を越えて、高低差約200mを一気に下ります。傾斜がきついのでかなりスピードも出ます。

こうして登ったり下ったりして、走ること80キロ、ようやく綾部駅に到着しました。

ayabeeki_400.jpg

時間は4時間20分でした。だんたん短縮されてきました。

スピードはそんなに上がってないけど、あまり休憩せずに走れるようになった気がします。

でも、今回は久しぶりに長い距離を走ったし、峠が多かったので、足の筋肉がけっこう張りました。

特におしりと足の付け根のあたりが。翌日はおしりが少し大きくなったような感覚でした。


ブログランキングに参加しています。よければクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ 
タグ:自転車 旅行
posted by ねう at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。