2008年02月06日

自己流自転車旅行の方法

いつもどんな風に自転車旅行しているのか紹介したいと思います。

具体的には…

○宿泊
○食事
○一日の走行距離、走行速度、休憩など

今日は宿泊について書きます。

いままで、野宿、ネットカフェ、テント、旅館、民宿、ユースホステル
などいろいろあります。

野宿したのは、2006年の夏に松江に行ったときです。そのときの日記はこちら

京都府の天橋立の休憩小屋(壁はなし)、兵庫県の新温泉町の港近くの小屋、米子の公園で3泊野宿しました。

この時は寝袋だけで、テントはなしで、ほんとに浮浪者みたいな寝方でした。寝袋も暑くて、ほとんどなにもない状態で寝ました。
少し怖かったですが、2人だったので、まだよかったです。

また米子では、ホームレスと仲良くなるという奇跡が起きました。

北海道に行ったときには、キャンプ場にテントを張って5泊しました。
そのときの日記はこちら

2000円の激安テントで、雨には耐えられなくて、風を防ぐ程度のテントでした。ただ、その分かなり軽かったので便利でした。
↓北海道で使ったテント
.

この時は一人でしたが、テントを張るとまだ安心できます。キャンプ場だし。

テントは安くすむけど、荷物がかさばるのが少し大変です。


ネットカフェで寝たこともあります。
広島に行ったときは、メディアカフェポパイのベットタイプのシートで寝ました。

都会にあり、全国に展開しているようなネットカフェなら、寝やすいベットタイプの個室がありますが、地方のネットカフェはそういったものがない場合もけっこうあるので注意が必要です。

1回普通に床に寝袋で寝ました。


ユースホステルも一回行きました。
三重県伊勢のユースホステル太江寺です。そのときの日記はこちら

普通の古いお寺でした。安いのが大きな利点です。
あと、ライダーなど旅人が集まるので、そういった人と仲良くなれるのが特徴です。1人で行くと、相部屋にされたりします。

予約はいたって簡単で、ユースホステルのホームページなどで、電話番号を調べて、電話するだけです。

電話せずにその日の夜に突然行っても、たぶん泊めてくれます。


北海道では、民宿のようなところに1回泊まりました。
そのときの日記はこちら

ログハウスで、2回を宿泊用の部屋として使われていました。宿泊だけで3000円くらいでした。

ツーリングマップル北海道という地図に載っていたので、その日の夜に電話して泊めてもらいました。


夏以外は気候的にキャンプなどはしんどいので、旅館にも泊まります。
そういう時は、だいたい「じゃらん」や「楽天トラベル」で宿を検索します。

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


楽天トラベル

1泊5000円以下のところをがんばって探します。
安いところは、少し汚かったりしますが、自転車旅行には十分です。テレビもあるし。

宿のサイトはいろいろありますが、登録されている宿の数や、利用者の多さを考えると、やっぱり上の2つがいいと思います。
タグ:旅行 自転車
posted by ねう at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己流自転車旅行の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

自己流自転車旅行の方法 食事

自転車旅行の時の食事は、すべて外食です。

自転車旅行をする人の中には、キャンプ用品とかで自炊する人もいて、北海道ではこの傾向が強かったです。

家庭用のアルミ鍋を積んで走っている人もいました。

キャンプ場でテントを張ったりすると、他の人が自炊してて楽しそうだとは思いますが、自炊道具が重いし、料理するのがめんどくさいので、全部外食です。

外食はお金かかりますが、その土地のおいしいものが食べられるのでいいと思います。

なので、あまりマクドナルドとかは全国どこにでもあるようなものには行かないようにしてます。

自転車で走って疲れると、金銭感覚が麻痺して、高価な食事への抵抗感がなくなるので不思議です。でも、そういうときに食べる高級なご飯はとってもおいしいです。


これまで食べた中で特に高級なご飯を紹介します

↓海鮮丼定食  1600円
UNI_0074_025.JPG

峠をなんどもなんども越えて、ぼろぼろになってたどりついた田舎町で出会った料理です。これまで食べた中で、一番おいしかったです。
値段も安いのに、海鮮丼とか但馬牛しゃぶしゃぶとか豪華でした。
兵庫県北西にある新温泉町浜坂の観光ビルみたいなところで食べました。

↓姫マスの焼き魚定食 2100円
UNI_1484_400.jpg

北海道の支笏湖の近くで食べました。値段で言えば最高クラスです。いまから考えると、よくこれに2100円も出したなって思います。おいしかったですけど…


↓ジンギスカン 約1000円
UNI_1521_400.jpg

北海道の、洞爺湖の近くで食べました。1人で寂しく焼いて…
おいしかったです。

↓北海道定食 1600円
UNI_1562_400.jpg

余市のニッカウヰスキーの施設のレストランで、食べました。これはそこまで高級でもないかな。


食事は大切なので、使うお金はあまりケチらないことをおすすめします。
posted by ねう at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己流自転車旅行の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

自己流自転車旅行の方法 走行編

今回は、1日どんくらい走行したり、どのくらいのスピードで走っているのか、休憩をどうしているのかを紹介したいと思います。

まず1日の走行距離は、だいたい100キロから150キロぐらいです。

100キロぐらいが少し軽めでちょうどいいと思います。走行時間も5時間ぐらいだし。

150キロだと、1日中走ってるような感じですね。

これまでの最長は、200キロぐらいです。大阪府の豊中市から、岡山の倉敷まで、06年の夏に走りました。

朝3時に出発して、ついたのは夜の9時ぐらいだった気がします。
途中3,4時間昼寝しました。


走行スピードは、だいたい平地で26から28キロぐらいです。このくらいがちょうどいいです。飛ばすと疲れるので。
これも一人だとなかなか疲れます。数人で走ると、前の人を風除けに使えるのでだいぶ楽です。

信号とかあるので、1時間に進むのは20キロぐらいになります。


休憩は、コンビニや道の駅などで、普通は1時間ぐらい走って休憩します。一人だったら、休憩時間は10分くらいの時もありますが、何人かいると、コンビニで30分ぐらい休憩することもあります。


季節によって走行時間も変わります。

夏は昼間暑いので、朝6時から走ったりしてます。10時から16時まではけっこう暑いです。特に11時から2時まではやめたほうがいいです。

夏以外は、昼間も走れるので楽です。服装で気温に対しては対応できるので。


まとめると、あまり無理しないのがいいと思います。自分にあったペースで走るのがいいです。
タグ:旅行 自転車
posted by ねう at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己流自転車旅行の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

福井石川自転車旅行

07年の9月中旬に大阪からヤンマーの実家のある石川県金沢市まで自転車で行きました。

メンバーは、ヤンマーとジスタさんとの3人です。

スケジュールは、
1日目 大阪府箕面市から京都市へ。そこから大津へ行き琵琶湖沿いを北上。マキノから山を越え敦賀へ。敦賀のネットカフェで寝る。

2日目 敦賀から北上。東尋坊に立ち寄り、石川県小松市のネットカフェで寝る。

3日目 ヤンマーの実家、金沢市に到着。夕方市内観光。

4日目 未明3時に急行電車で敦賀へ。敦賀から京都府舞鶴市まで自転車で走行。舞鶴市の親の職場に行って、親の軽トラに乗せてもらって京都府綾部市の実家に帰省。


ルートは、下のリンクから。ヤンマーが作ってくれたやつです。

大阪府池田〜福井県武生
武生〜金沢

なぜこれまで日記を書かなかったって?ただ面倒だっただけです(笑)

ブログランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
posted by ねう at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

福井石川自転車旅行 1日目敦賀へ

9月11日、石川県金沢市に向けて出発しました。

まず初日は敦賀まで行きました。→ルート

目的がヤンマーが実家に自転車で帰るということなので、ルートとかプランは全部ヤンマー任せです。

朝出発して、国道171号線で京都、大津と行き、琵琶湖の西岸を国道161号線で北上しました。

通るたびに思いますが、琵琶湖の周りってずっと似たような景色で、しかも坂もないので退屈です。

琵琶湖一周って、そんなに楽しくない気が…

途中に立派な道の駅があったので、そこで休憩しました。
朝早くでたので、昼ごはんを食べた昼寝しました。

↓国道161号線沿いにあった立派な道の駅
UNI_1587_400.jpg

↓道の駅のすぐそばにあった看板
UNI_1588_400.jpg

近江聖人ってだれですか?


この道の駅ぐらいから、僕が先頭を走ることに。
ところが、全然スピードが出ずにしんどい。

体力が落ちたのかと思っていたら、ブレーキシューがこすってました。

このまま気づかずに翌日の昼前までつらい思いをしました(笑)


国道161号をそのまま北上して、県境の町マキノへ。

ここから標高で300メートルぐらい上ります。

峠の途中に、マキノ追坂峠という道の駅があるのでそこで休憩しました。

↓道の駅「マキノ追坂峠」から見た琵琶湖
UNI_1589_400.jpg


この道の駅は、この前来たときは運悪く定休日だったんですが…



今回も定休日でした(笑)

↓道の駅「マキノ追坂峠」
UNI_1590_400.jpg


この後、けっこう長い間坂が続きました。ルートでみると傾斜はだいたい5%ぐらいです。

そしてようやく頂上に到着。標高380メートルぐらいです。
ブレーキこすってるのでけっこうきつかったです。


↓追坂峠頂上
UNI_1591_400.jpg

(登りきった後に振り返って見た写真です。)


ようやく福井に入りました。たぶん夕方の4時ぐらいだったと思います。

ランキングに参加しています。よければ投票(クリック)してください↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
posted by ねう at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

福井石川自転車旅行 敦賀でネットカフェ難民

峠を登った後は、楽しい下り。

けっこう傾斜がきついのか時速45キロぐらいでました。

峠を下りきると、敦賀市街に入りました。このときたぶん夕方5時ぐらいでした。


とりあえずお風呂に入ることに。いろいろ探して、サンピア敦賀のお風呂に入ることにしました。

その後、敦賀駅のほうに行ってみました。

↓敦賀駅
UNI_1593_400.jpg

その後、アルプラザ敦賀に行って、ご飯を食べました。
アルプラザっていうのは、ショッピングセンターです。

敦賀名物のソースカツ丼を食べました。

↓ソースカツ丼
UNI_1592_400.jpg


ご飯を食べた後、泊まるところを探しに行くことに。

今日はネットカフェで寝ることになりました。

↓敦賀のネットカフェ
UNI_1595_400.jpg

でもこのネットカフェには、ベットタイプの寝やすいシートがありません。

3人いたので、ソファーが2つある個室にしました。
せっかくネットカフェに来たので、ドラゴンボールとか読みました。

そして0時ぐらいに寝ることに。
僕とヤンマーがソファーで寝て、なぜか先輩のジスタさんが床で寝ました。

ブログランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
posted by ねう at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

福井石川自転車旅行 福井へ。

朝7時ぐらいにネットカフェを出て、敦賀の観光をすることに。

コンビニで朝ごはんを買って、気比の松原に行きました。

↓気比の松原
UNI_1596_400.jpg

↓気比の松原から見えた建物
UNI_1597_400.jpg

↓気比の松原とヤンマー
UNI_1599_400.jpg

松がたくさん生えていました。

この後、福井市へ向けて出発。国道8号線で北に向かいました。


出発してすぐに事故が発生しました。
夜に降っていた雨のせいで、路面がすべりやすくなっていて、ヤンマーが歩道にあがろうと鋭く曲がったところ、ツルッとこけてしまいました。

ヤンマーのロードのドロップハンドルは、無残にも曲がり、くるぶしや腕から出血が!

それでも自転車をこぐことをやめないヤンマーの意思には感動しました。

そして、ヤンマーがこけたのに、ジスタさんがまったくリアクションを取らなかったことが少しおもしろかったです。不謹慎ですが(笑)

海沿いの道で、アップダウンとトンネルがけっこうありましたが、景色がよかったです。こういう道は好きです。

途中にあった。「河野」という道の駅から見える景色がキレイでした。

↓道の駅「河野」から見えた景色
UNI_1600_400.jpg

この道の駅で、ブレーキがこすっていることに気づいて、直しました。意外と苦労しました。

途中の峠でヤンマーのチェーンが外れるという事故がありましたが、その他は大丈夫でした。

この後、福井市の中心部に昼頃ついて、ショッピングセンターにあるお好み焼き屋で昼食をとりました。

福井市では特にないもせず、通過しただけです。福井大とか行ってみてもよかった。

この後は、東尋坊に行きました。


ブログランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ:旅行 自転車
posted by ねう at 17:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

福井石川自転車旅行 東尋坊

福井市から、有名な東尋坊へ。

自殺の名所?でしたっけ。

予想通り、断崖絶壁でした。すごい岩場。

↓東尋坊
UNI_1603_400.jpg

↓立ち入り禁止みたいなのもないので、崖の先端までいけます。
UNI_1602_400.jpg

↓なぜ浮き輪が…?
UNI_1601_400.jpg

もっと崖の高さが高くて、飛び降りたら即死するくらいかと思ってたんですけど、そこまで崖が高いわけじゃなかったです(笑)

周りは店とかあって、けっこう栄えてました。

↓東尋坊
UNI_1604_400.jpg

店のおばちゃんと少し話したんですが、すこし訛りがあってわからないこともありました。

ジスタさんが変なTシャツを買ってました。

いい天気だったので、草の上に寝転がったりした後、さらに北を目指しました。

ブログランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
posted by ねう at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

福井石川自転車旅行 小松でネットカフェ難民

東尋坊から北上しました。

加賀の「ゆめの湯」というスーパー銭湯みたいなところでお風呂に入りました。

そこにあった食堂でご飯を食べました。

UNI_1605_400.jpg

ゆめの湯から10キロほど離れた小松市のネットカフェで今回は寝ることに。

お風呂に入ってから自転車をこぐのはあんまりよくないので、ゆっくり走っていきました。

もうこの小松のネットカフェからゴールであるヤンマーの実家までは20キロぐらいです。

なので、とりあえず漫画を読み漁ることに。

ドラゴンボールをひたすら読みました。気づけば朝4時ごろでした(笑)

ちなみに今回寝たところは、イスがある個室ではなく、床がソファーみたいな感じになっている個室で、寝やすかったです。

次の日は朝7時頃に出発しました。

ブログランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

福井石川自転車旅行 ついに金沢に到着

小松のネットカフェを7時半ぐらいに出発して、金沢市にあるヤンマーの実家へを目指しました。

平坦な道をひたすら進みます。
福井から似たような感じの景色が続いたので少々退屈でした。

ヤンマーのロードが途中でパンクしました。僕とジスタさんはクロスバイクなんですが、やっぱりロードはパンクしやすいんでしょうか。

そして10時ぐらいにヤンマーの実家に到着しました。ここまで300キロ近く走りました!

ヤンマーの家族の温かいおもてなしを受け、昼ご飯はうなぎでした。

そして、前日の睡眠不足からか、昼から夕方まで昼寝しました。

昼寝の後、金沢観光へ。金沢21世紀美術館に行きました。

兼六園とか、金沢城までいったんですが、時間が遅かったので閉まっていました↓

UNI_1606_400.jpg

せっかく金沢まで来たのに。。

でも金沢の街の雰囲気はとてもよかったです。

夜は手巻き寿司を用意してもらいました。ヤンマーの妹と一緒に手巻き寿司をやりました。

かなりヤンマー一家にお世話になりました。


その後、ヤンマーが寝てしまったので、ヤンマーのお父さんの部屋で、ヤンマーのお母さんとお父さんと話しました。

ヤンマーが小さいころの、親子バドミントン大会のエピソードや、ヤンマーのお父さんが5年ほど前に出場した「ツールド能登」のビデオを見せてもらいました。

ヤンマーのお父さんはなかなかエネルギッシュでした。


ジスタさんが、次の日に大阪で用事があるので、翌日の早朝に帰るという話になりました。なので、ぼくも一緒に敦賀まで電車に乗って、敦賀から実家の近くの舞鶴まで自転車で帰ることにしました。

電車を調べていると、急行きたぐにという金沢を朝3時にでる電車があったので、それに乗って帰ることにしました。


そして、かなり迷惑だったとは思いますが、夜中の3時頃にヤンマーのお父さんとお母さんに見送ってもらい、ヤンマーとジスタさんと僕で金沢駅に向かいました。

こうして滞在時間わずか15時間、金沢では特になにもすることなく金沢を去りました。

ちなみに、自転車はもちろん輪行袋に入れて輪行しました。
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

福井石川自転車旅行 敦賀から舞鶴へ

先輩のジスタさんとともに、金沢から深夜急行で敦賀へ。

電車の中ではほとんど寝ていましたが、敦賀につくちょっと前に目覚めました。

敦賀に着いたときはジスタさんは寝ていたので、そのままお別れしました。

朝5時に真っ暗な敦賀駅に到着しました。
自転車を組み立てて、暑くなる前に出発です。

敦賀から実家の京都府綾部市に向かうことにしました。

ルートを見る。

辺りはまっくらでした。ひたすら国道27号を西に進みます。
敦賀から長いトンネルを抜けると、若狭の国です。


↓夜明け前の若狭湾は、幻想的でした。
UNI_1607_400.jpg

↓こんな景色が続きます。
UNI_1608_400.jpg

途中27号線から、海沿いの国道162号線を通りました。
アップダウンやトンネルも多かったですが、景色がきれいでした。

敦賀から50キロほど自転車をこいで小浜に到着。
小浜市はたぶん若狭で最も栄えています。

今小浜市では、名前がおなじ「オバマ」なので、ヒラリーじゃなくて「オバマ氏」を応援しようとか言っているらしいです。しょうもな。

↓小浜駅
UNI_1609_400.jpg

高校生がやたらいたので、小浜についたのは朝8時ぐらいだと思います。

国道27号線沿いには、街もあまりなく、信号もないし、交通量も少ないので、快調に飛ばして、休憩入れても1時間で20キロ以上すすむハイペースでした。

途中、高浜町にある「シーサイド高浜」という道の駅で休憩しました。

↓シーサイド高浜
UNI_1611_400.jpg

↓シーサイド高浜から見えた海
UNI_1610_400.jpg

若狭はなにもないけど、海はきれいです。

こうして、90キロを4時間半ほどで走破して、京都府舞鶴市にある父親の職場まで行きました。

そしてもう自転車に乗るのはめんどくさいので、そっから送ってもらうことにしました。

こうしてなんのために金沢に行ったのかよくわからないまま、旅行が終わりました。

おしまい。

↓よければクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井石川自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

写真集 福井石川自転車旅行

2007年の9月に、大阪から自転車で石川県金沢市に行ったときのきれいな写真です。

そのときの日記は、こちら

拡大写真を見る。をクリックすると1280×960の大きな写真が別ウィンドウで見れます。

まずは、福井県敦賀市の気比の松原です。
UNI_1599_400.jpg

拡大写真を見る。

次は、福井県の国道8号にある道の駅「河野」から眺めた日本海です。
UNI_1600_400.jpg

拡大写真を見る。

福井県の東尋坊です。断崖絶壁でした。
UNI_1603_1280.jpg

拡大写真を見る。

福井県若狭の国道27号線から見た早朝の若狭湾です。
UNI_1607_1280.jpg

拡大写真を見る。

この写真、相当いいと思うんですけど、どうですか?

ブログランキングに参加しています。
↓よければ投票(クリック)お願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
posted by ねう at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

本の紹介 「自転車トラブル解決ブック」

おすすめの自転車の本を紹介しようと思います。

リンクをクリックするとamazonに飛ぶようにしてありますので、クリックしてamazonのレビューなどを参考にしていただくといいと思います。

今回は、「自転車トラブル解決ブック (Outdoor)」を紹介します。



自転車トラブル解決ブック (Outdoor)
丹羽 隆志 (著)


内容(「BOOK」データベースより)
ブレーキの効きが悪くなった、シフトレバーの調子がおかしい、サドルがオシリにあたって痛い、スポークが折れた!ガタガタ音がする…自転車のあらゆるトラブルをこれ1冊で解決。


この本は、2005年1月に発売された本ですが、いまだに自転車の本のランキングでは上位です。

レビューも最高の評価を与えているので、自転車のメンテナンスの本の中では最高級のものじゃないでしょうか?

僕はメンテナンスの本をすでにもっているのでこの本はもっていませんが、まだメンテナンスの本を持っていない人は買ってみてもいいかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
タグ: 自転車
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車の本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

本の紹介 「大人のための自転車入門」

今回は、自転車の入門書を紹介します。


大人のための自転車入門
丹羽 隆志、中村 博司 (著)


内容(「BOOK」データベースより)
35歳を過ぎて始める銀輪ライフ。無理ない楽しみ方・魅力を紹介。自転車の選び方・乗り方から、コースのプランニング法、疲れを残さない体のケアまで解説。長い距離をゆっくり走れば、怪我もせず体脂肪も燃やせる。排ガスを出さない自転車は、21世紀にふさわしい大人の遊びだ。


この本は、amazonの自転車本の中でも売れ筋の本で、基本的なことが網羅されているためレビューで高評価を得ています

自転車の全般的な知識を得るなら、この本がいいのではないでしょうか。


↓投票(クリック)お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

タグ: 自転車
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車の本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

本の紹介 「やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男」

今日は自転車の旅行記を紹介したいと思います。
この本は僕も読みました。


やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男
坂本 達 (著)


内容(「MARC」データベースより)
世界の人たちがどのように生き、何を感じ、考えているかを肌で知りたかった-。入社4年もたたずに4年以上の有給休暇を取り、自転車で43カ国、5万5000キロを走った著者が綴るエッセイ。


4年3ヶ月も有給もらえたっていうのもすごいですが、旅行の内容もハンパないです。
病気になったり、高山病にかかったり、本当にすごいです!

amazonのレビューでも10人中9人が最高評価をしています。

読んでみて損はない本です。

ランキングに参加しています。
↓よければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
タグ:自転車
posted by ねう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車の本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

本の紹介 自転車散歩シリーズ

自転車でツーリングするときのコース選びに参考になる、「自転車散歩シリーズ」を紹介します。

自転車散歩シリーズは、自転車で街を走るときのおすすめルートを紹介した本です。

地域別に分けられていて、それぞれ20から30ぐらいのコースが紹介されています。

見所が写真で紹介されていて、高低差も書かれています。

地域は、「京都・奈良・滋賀」、「大阪・神戸」、「埼玉・千葉」、「東海」、「神奈川」、「東京」などがあります。

僕は「大阪・神戸」を持っています。いろいろ書かれているので参考になります。まだ実行したコースはほとんどないですけど…

自転車で走るコースがあんまりないって人はぜひ参考にするといいと思います。

詳細はこちらから↓↓
埼玉・千葉自転車散歩

神奈川自転車散歩―(横浜・三浦・湘南・富士箱根

湘南・鎌倉自転車散歩

大阪・神戸周辺自転車散歩

東海自転車散歩 愛知・岐阜・三重・静岡

東京周辺自転車散歩

京都・奈良・滋賀自転車散歩

ブログランキングに参加しています。
よければクリックしてください↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
posted by ねう at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車の本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。