2007年07月01日

真の環境保護主義者は自転車乗りのはず

最近地球に優しいということが一つのトレンドになってますね!

環境のために、リユースとかリサイクルとか言ってますが、確実に効果のでるものは、リデュースですね。

リデュース、つまり使う量を減らすということです。

最近、リサイクルは本当に意味があるのかというような主張の本を読みました。

環境問題はなぜウソがまかり通るのかという本です。

この本に書かれてあることがまったくの本当であるかはわかりませんが、確かに、ペットボトルをリサイクルするにしても、あの軽いペットボトルを輸送するのにも結構ガソリンを消費してしまい、それほど効果がでないのではないかと思いました。

それに比べ、リデュースなら確実に資源の使用を削減できます。
そのせいで経済活動が低下するという意見もありますが。

リデュースの中でも、自転車に乗る人が大きく削減しているもの、それはガソリンの消費量です。

簡単のため、僕が原付自転車を自転車で我慢して買わないことでどのくらいガソリンが節約できているか計算してみます。

1年間の走行量 約6000キロ
原付の燃費  30k/l(仮定:友人から聞いた実質燃費)

なんと200リットルもの石油を1年間で節約していることになります。

ちなみに、日本の1人あたりの石油消費量は、3000リットルぐらいらしいです。

なので、原付を自転車に変えると、約7%の石油の使用量削減ができます。

7%の削減なんて、スーパーにマイバックもっていったくらいでは到底無理です。


実は本当の環境保護主義者は、自転車に乗っている人なのでした!
もちろん、どこでも歩いていく人には負けますが。
posted by ねう at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車と環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

ライトが…

ヘッドライトが気づいたらなくなっていました。

盗られたようです。2000円もするのに〜

スポーツ自転車用のライトで、着脱式になっているライトです。

簡単に外すことができるので、盗まれる可能性はあるのはわかってたんですが…

新しいのを買うしかないです。

↓盗まれたライト(色は白でした)

posted by ねう at 00:12| Comment(5) | TrackBack(1) | 自転車のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。