2007年06月02日

蛍を見に箕面駅&箕面公園に行ってきました

最近製図課題やレポートやらいろいろあったり、ヤフーオークションで遊んでいたため更新が滞っていました。久しぶりに日記を書きます。

今日はホタルを見に、箕面(みのお)駅と箕面公園、茨木市の西河原公園まで行ってきました。
とは行っても、箕面市民なのですぐなんですけど。

自転車で15分ぐらいで箕面駅までは行けます。

大阪北部でホタルが見れる場所を調べたところ、箕面市の箕面駅周辺の住宅街、箕面市の隣の茨木市の西川原公園、そのまた隣の高槻市の摂津峡で見れるということがわかりました。

もちろん、能勢町とかに行けばいると思いますが、とりあえず国道173号沿いで街の近くで探してみました。

まずネットで書かれていた、阪急箕面駅のすぐ西にある橋に行ってみました。ところが、全然いません。

まだ時期が早いのか。それともまだ7時45分だからか…

滝のほうに行ったらいるかな?と思い、箕面駅から箕面の滝に向かいました。滝への道はけっこう暗くてこわい。自然が豊かです。

とりあえず滝は見れました。暗闇のなかで見る滝もなかなかでした。

しかし問題のホタルがいません。仕方がないのでもう一回最初に行った橋に行ってみました。

すると人がいます!ホタルを探している家族のようです。

↓ホタルを探している人
大阪府箕面駅のすぐ近くの橋

僕も見てみましたがホタルは見えません。
辺りを見回すと、近くにもう一つ橋があり人がたくさんいました。

20人ぐらいいたでしょうか。近づくと、「あっ!いた!」なんて声が聞こえてくるではありませんか!確かにこっちの橋のほうが暗くて探しやすい。

一生懸命探すと、何匹か確認できました。でも少ない。
まだ時期が早いようです。

↓ホタルを見るために路上駐車している車
蛍を見るために路上駐車している車

この橋の場所は右サイドバーの地図で確認できます。(箕面駅近くの風船です。)

この後、十数キロ離れた西河原公園に行きました。


☆出身地である京都府綾部市のほたるまつりについて紹介しています。→綾部市上林のほたるまつり


↓↓よければクリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ねう at 23:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 日帰り旅行 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

蛍を見に大阪府茨木市の「西河原公園」に行ってきました。

この日記は、蛍を見に箕面駅&箕面公園に行ってきましたの続きです。日付は2007年6月2日。

箕面でホタルを見た後、十数キロ離れた大阪府茨木市の「西河原公園」に行きました。

西河原公園は、木や小川があってけっこう広いですが、交通量の多い国道171号線が公園を2分する構造となっています。

箕面はすぐ近くが山で、ホタルがいても納得できますが、西河原公園は山からも遠くて街中です。

本当にこんなところにホタルいるんかいって感じですね。

箕面から国道173号を爆走してしばらく行くとありました。
国道沿いなのですぐ見つかります。

↓西河原公園
西河原公園

時刻は9時でした。
よく考えると、この公園のどこにホタルがいるかまったくわからないことに気づきました。

箕面ではホタルのいる場所に人が集まっていたので、とりあえず人が集まっているところを探すことにしました。

すると、公園の案内図を発見!
とりあえず川を探そうと思い見ると、なんと「ほたるのせせらぎ」と書かれています!

公園の地図

なんてわかりやすい!
さっそくホタルのせせらぎに向かいました。

するとすぐにホタルがいそうな川を見つけました。

ホタルのせせらぎ

しかし人がいません。ホタルもいません。
さらに先に進むと下の看板があり、ようやくほたるのせせらぎに到着したようです。

蛍のせせらぎに到着

でもホタルは見つけられません。そして誰もいません。
あきらめて公園を回ろうとしたら、家族連れがこっちに向かってきました。

Uターンしてこっそり後ろからついていくと、家族連れは期待通りホタルのせせらぎに行きました。そして

「あっいるいる!」
「めっちゃ光ってるやん!」

とか言ってます。
え?そんなにいるの?と思って、家族連れが去った後にその場所に行くと、木にとまって光っているホタルが2匹いました。

めっちゃ「たくさん」じゃなくて、めっちゃ「明るく」光ってるということだったようです。

家族連れのおかげでホタルを発見することができました。

数が少ないのはやはりまだ時期が早いのでしょうか。
来週か再来週にもう一回行ってみようと思います。


↓こんな看板もありました。
ほたるのせせらぎにある看板

西河原公園は、阪急茨木市駅から北に少し行ったところです。ブログパーツの地図からも場所は確認できます。


出身地である京都府綾部市のほたるまつりについて紹介しています。→綾部市上林のほたるまつり

↓↓よければクリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ねう at 14:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 日帰り旅行 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

amazonで自転車を買う。

amazonと言えば、インターネットの本屋さんというイメージですが、実は自転車とライトなどのパーツも売っています。

自転車本体は、ロードレーサーとかは取り扱ってなくて、お洒落な小径車とかが多いようです。メーカーを見ても、GIANTすら取り扱ってません。

ですが、パーツは豊富です。スポーツ車用のパーツがたくさんあります。ライトバックヘルメットを始めとして、ウェアやサイクルコンピュータまであります。

中には30〜40%も割引されている商品や、ユーズド(中古)商品もあり、安く買えます。

1500円以上で送料無料になるものうれしい。

ライトやちょっとしたパーツが必要な時、お店に行くのが面倒なときは便利です。本と一緒に買えますし。


ついでにこれまで僕が読んだ自転車の本を紹介しておきます。

ロードバイクが一からわかる本…初心者用の本です。ロードバイクの魅力が書かれています。ポジショニングや、ハンドルの握り方、ブレーキのかけかた、カーブの曲がり方、サドルの高さの合わせ方など基本的なことが書いてあり、まあまあ役立ちます。僕はクロスバイクに乗っていますが、ロードに乗っている人にはもっと役立ちそうな本です。


自転車で痩せた人…この本は新書で、帯の著者のおっちゃんの写真がインパクトがあったのでパラパラと立ち読みしました。2年で24キロの減量に成功したそうです。でも1日に60キロこいでたそうです(笑)普段からロードレーサーなどに乗っている人にとっては内容が薄いかもしれませんが、おもしろい本です。

ロードバイクメンテナンス…タイヤの交換方法からチェーンの交換までメンテナンスのことはだいたい書かれてあるのでけっこう便利です。写真がたくさんあるのでわかりやすい。

やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男…とにかくすごい!とても真似できません!途中でマラリアにかかったりしてますから(笑)価格はちょっと高いですが、カラー写真がたくさんあってそれを見ても楽しめます。感動的なところもあり、カスタマーレビューの評価も高い本です。

ツーリングマップル 関西 2007 (2007)…これは地図です。自転車の本ではないです。バイクツーリング用の地図ですが、持ち運びに優れていて旅をするために作られている地図なので便利です。北海道版、四国版など全国の各版があります。また関西版と言っても、関西に隣接する都道府県はカバーしているのでちょっと遠くまで行くときにも役立ちます。
posted by ねう at 16:15| Comment(7) | TrackBack(0) | 便利なサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

帰省6月15日

6月15日(金)、実家に帰ってきました。

梅雨入りしたばかりだったので、雨が心配でしたが、天気予報では降らないとなっていたので自転車で帰りました。

ルートは茨木から山を越えて亀岡にいくルートです。

ルートを見る。

2時前に出発しました。

北風が強くて、つらかった。
3時間半で65キロを走破し(休憩いれて)、京丹波町の道の駅の和「なごみ」に到着しました。

ツーリングノートというのがおいてあって、自由に書き込めるようになっていました。

道の駅 和

自転車で旅している人の書き込みもあったので、紹介しておきます。
下の三枚の写真です。
UNI_1117_512.jpg

UNI_1118_512.jpg

UNI_1119_512.jpg

結局疲れたので、和まで車で迎えに来てもらいました。あと30キロでしたが、目的は自転車をこぐことではなく、ただで帰省することですから。

実家では、蛍を見てきました。実家のまわりには蛍がいます。

川まで行くと、たくさんの蛍を見ることができました。
箕面川の10倍はいましたね。視界のなかで同時に100匹ぐらい光ってたんじゃないでしょうか。いっぱい飛んでいました。

10匹ぐらい蛍を捕まえました(笑)動画を撮ったので蛍の光をお楽しみください。あまり期待はしないほうがいいですけど。



ラベル:自転車 綾部
posted by ねう at 22:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 帰省(京都府綾部市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読んでいただきありがとうございます。下のリンクからお帰りください
→人気の自転車ブログをチェック
→自転車ブログを探す

→楽天で買い物する
→amazonで買い物する

→ヤフーで検索する
→googleで検索する

→大学生の自転車旅行記トップに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。